日差しが強くなってきたので、UV対策を念入りにしている方も多いのではないでしょうか。外側からのケアも大事ですが、シミ対策をするならば内側からのケアも意識していきましょう。なぜなら、薬膳の世界では食習慣や暮らし方によって、シミができやすい人とできにくい人に分けられます。

ずぼらだけど国際薬膳調理師である筆者が、シミ対策のために飲みたいドリンクを3つご紹介します。

■中医学的「シミができる原因」

薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では、肌に栄養とうるおいを与える物質を「血(けつ)」といいます。この血の巡りが悪くなると、シミやそばかすができやすくなる原因につながります。

血の流れが滞ることで肌の新陳代謝が落ちると、肌の生まれ変わりがスムーズにいかず古い角質が残り、老廃物の一種である「メラニン」が肌に残ってシミができてしまうのです。

ですので、血の巡りをスムーズにする食事を心がけることがシミ・そばかす対策となります。

■シミ対策のために飲みたいドリンク3つ

血の巡りを良くする食材を中医学では「活血(かっけつ)食材」といい、サバ、玉ねぎ、ピーマン、納豆などにその作用があります。

しかし、毎日意識して摂ることがむずかしい時もありますよね。そんな時は、普段飲んでいるドリンクを活血作用があるものに変えてみましょう。

(1)黒豆茶

アラフィフイチオシのお茶といえば「黒豆茶」。血の巡りをスムーズにする効果はもちろん、血を補う効果も期待できます。血量が十分でないと血が巡りにくいので、血の量を増やし巡らせてくれるなんて一石二鳥ですよね。

さらに、アンチエイジング効果も期待できますので美と健康に欠かせないお茶です。スーパーやドラックストアで手軽に手に入るところも嬉しいポイントです。

(2)甘酒

血の巡りが悪くなってしまうのは冷えが関係していることが多いのですが、「甘酒」には身体を温めながら血を巡らせる効果が期待できるので、冷えやすい方には特におすすめです。さらに、うるおいを与える作用も期待できますので乾燥肌の改善にも役立ちます。

ただし、飲み過ぎは注意ですので、1日コップ1杯分(200ml)くらいが目安です。

(3)ローズティー

夜のリラックスタイムやお休みのご褒美タイムに「ローズティー」はいかがでしょうか。

ローズティーは、バラの花が咲く前の一番パワーがあるつぼみの時に収穫してそれを乾燥させたものです。中医学では玫瑰花(まいかいか)と呼ばれ、血の巡りを良くする効果にすぐれています。

ネットでも購入することができます。

シミ・そばかす対策は、日頃のケアと食生活が大切です。まずは、ご紹介したドリンクをとり入れて、シミ・そばかす予防を心がけていきましょう。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口 ゆうみ)

【関連記事】
・老化しないために40•50代が食べるべき魚3つ
・「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ
・糖化を防ぐ!老けないパンの食べ方
・朝食べると太りにくい!?ダイエットに◎な「卵のとり方」

【参考】
※日本中医食養学会/著(2006年)『現代の食卓に生かす食物性味表 改訂2版』燎原書店※池田陽子/著(2020年)『1日1つで今より良くなるゆる薬膳。365日』JTBパブリッシング