近年、「飲むヨーグルト」のバリエーションが増えましたね。健康向けや美肌向けなど機能性表示食品や特定保健用食品として販売されているものもあります。

“何を目的として飲むヨーグルトをとりたいのか”ということによって選び方が異なるため、一概にどれが良いという話ではないのですが、目的に合わせて選べるとより良い効果を感じることができると思います。

抗糖化美容研究家の筆者が、ビフィズス菌の解説とおすすめの飲むヨーグルトをご紹介をします。

■「ビフィズス菌」とは?

ビフィズス菌は、善玉菌のひとつです。腸内環境を悪くする菌の繁殖を抑え、腸の働きを良くする働きをします。

具体的には、整腸作用や貧血を予防する効果、コレステロール値を下げる効果、美肌効果などが期待できます。

■「ビフィズス菌」の美肌効果

ビフィズス菌は、「ビタミンB群」「ビタミンK」の生成に関わっています。これらのビタミンは肌代謝に関わるので、肌にとって大事な栄養素です。

腸内環境が良好な時は善玉菌が多い状態ですが、腸内環境が悪くなってしまうと悪玉菌が多い状態となり、ビタミンを生成する力が低下します。よって、美肌を保つためにはビフィズス菌などの善玉菌が働きやすい腸内環境を維持することが大切です。

■ビフィズス菌を含む「飲むヨーグルト」3選

ビフィズス菌はヨーグルトに入っているイメージがありますが、全てのヨーグルトに配合されているわけではありません。

ビフィズス菌をとりたい場合は「ビフィズス菌配合」のヨーグルトを選ぶ必要があります。

(1)恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト ドリンク/雪印メグミルク

恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト ドリンク/雪印メグミルク

「ビフィズス菌SP株」をカプセルに入れた状態でヨーグルトに配合した商品です。

ビフィズス菌の栄養となる「ガラクトオリゴ糖」が配合されているのもポイントで、ビフィズス菌を積極的にとりたい時におすすめです。
(100g 税込価格121円)

(2)NL のむヨーグルト パイナップル/ローソン

NL のむヨーグルト パイナップル/ローソン

ナチュラルローソンで販売されています。生きて腸まで届く「ビフィズス菌BB-12」が配合されています。

こちらの飲むヨーグルトシリーズはプレーン、いちご、キウイとバリエーションが豊富なのも特徴です。パイナップルはデザート感覚で楽しむヨーグルトなので、おやつ代わりにしたい時に向いています。
(200g 税込価格140円)

(3)便通改善ドリンクタイプ/ビヒダス

便通改善ドリンクタイプ/ビヒダス

機能性表示食品の飲むヨーグルトです。低脂肪タイプで、「ビフィズス菌BB536」を20億個配合しているのが特徴です。

便秘気味の方や脂肪分を気にする方に向いています。
(100g 税込価格146円)

ビフィズス菌は健康面だけではなく美容面でもとり入れるメリットがあります。ぜひ、参考にしてみてください。

(薬剤師/抗糖化美容研究家 花田 真理)

【関連記事】
・栄養士が食べない「老化が加速する食べ物」
・痩せるどころかむくむ!水分のNG摂取法3つ
・パンを食べても太らない?一緒に摂るべき食材4つ
・「おにぎり&スープ」で太る!?ランチ選びの落とし穴3つ

【参考】
※恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト ドリンク – 雪印メグミルク
※NL のむヨーグルト パイナップル – ローソン
※便通改善ドリンクタイプ – ビヒダス