マスク生活で重要な「目元メイク」。ここ1年でカラーマスカラやグリッター、ウォータープルーフアイライナーなど、今までとり入れたことのないアイテムにチャンレジした人も多いかもしれません。

ですがその代わり、きちんとケアをしないと目元を触りすぎて、色素沈着やクマ、たるみ、小ジワなどを招く可能性も高くなります。

肌育美容家の筆者が行っている毎晩の目元ケアと、おすすめの部分用ケアコスメをご紹介します。

■肌育美容家が実践する目元ケア

目元の皮膚は頬の1/3の薄さといわれています。毛細血管も皮膚の浅い部分にあるので、血行不良になると目の下の青クマなどが目立ったり、乾燥すると小ジワができやすくなったりします。

ケアをする時にも、なるべく刺激を与えずにこすらず行うことがベスト。部分用のクリームを塗るだけではなく、その後軽くマッサージをしてなじませましょう。

部分用クリームを使った「チョキマッサージ」のやり方

中指と薬指の第二関節を眉間と鼻骨の中央にそっと置きます

(1)中指と薬指の第二関節を、眉間と鼻骨の中央にそっと置きます。中指と薬指はべったりと皮膚につけるようにしてください。

そのまま指に力を入れずに、目尻に向かって手を真横に引いていきます。薬指はそえる程度で、力は入れないようにしてください

(2)そのまま指に力を入れずに、目尻に向かって手を真横に引いていきます。薬指はそえる程度で、力は入れないようにしてください。

指先がまぶたに乗ったら、少しだけ中指と薬指の間隔を開けます。中指は眉毛の下を通りながら、骨に沿うようにマッサージします

(3)指先がまぶたに乗ったら、少しだけ中指と薬指の間隔を開けます。中指は眉毛の下を通りながら、骨に沿うようにマッサージします。

目尻に向かって指を閉じるよにマッサージします。これを、クリームを塗った後に3回ほど行いましょう。この動きだけでも、血行を促すので目元がぱっちりとしたように感じると思います

(4)目尻に向かって指を閉じるよにマッサージします。これを、クリームを塗った後に3回ほど行いましょう。この動きだけでも、血行を促すので、目元がぱっちりとしたように感じると思います。

「チョキマッサージ」といいますが、人差し指を使わずに薬指を使うのは、一番力の入りづらい指だからです。強くこすって目の下の皮膚をたるませないよう、必ず薬指を使ってください。

■40代以降から使いたい部分用ケアアイテム3選

筆者のスキンケア教室の受講生さんから、「目元ケアの専用クリームを使わずに、顔用のクリームでも良いのでは?」と質問されることがあります。

ですが、部分ケア専用品は、薄い皮膚のためにより保湿力が高く、目に入っても刺激が少ないように作られています。ぜひ、専用のアイテムを使うことをおすすめします。

(1)エフェクト アイクリーム リフト/カナデル

エフェクト アイクリーム リフト/カナデル

筆者も発売当初から愛用しており、目元にハリが欲しい人におすすめです。ピタリと密着して保湿力が高く、しょんぼりした目元が翌朝ふっくらしているのを実感できると思います。

テクスチャーはやや重めなので、しっかりと保湿したい人向けです。
(15g 通常購入税込価格6,380円)

(2)エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム/エリクシール

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム/エリクシール

小ジワに特化した「レチノール」配合の医薬部外品クリーム。乾燥による小ジワに悩む人のために作られています。

筆者は、冬の間や夏のエアコンで目元が乾燥したと思った時に必ず使います。使い続けるうちに、目の下のちりめんシワが目立たなくなったように感じます。

伸びのよいテクスチャーなので、使用量は少量ですみます。
(15g 税込価格6,380円/22g 税込価格8,580円)

(3)N organic Vie リンクルパック エッセンス/エヌオーガニック

N organic Vie リンクルパック エッセンス/エヌオーガニック

オーガニック系の成分を使いながらも、目元のハリや小ジワ改善に導く部分用美容液。

先端がアプリケーターになっているので、そのまま目元に当てながらマッサージをすることができます。ひんやりとした感覚を味わいながらお手入れができるうえ、力を入れずに簡単に伸ばせるのも嬉しいポイント。

テクスチャーはジェルに近く、とてもサラリとしています。
(15g 通常購入税込価格9,240円)

■疲れ目に押すと良いツボ

目元マッサージを終えた後は、目の周りのツボを刺激しましょう。

攢竹(さんちく):眉頭の下にあるツボ。骨を触ると小さなお椀型の窪みがあります

攢竹(さんちく):眉頭の下にあるツボ。骨を触ると小さなお椀型の窪みがあります。

睛明(せいめい):目頭の骨の近くにある窪みです。斜め上に向かって指を押し込みます

睛明(せいめい):目頭の骨の近くにある窪みです。斜め上に向かって指を押し込みます。

四白(しはく):目を開いて黒目の中心から真下に向かい、頬骨のキワから1cmほど下にあります。少しだけ窪んでいるので、広めに中指を使って押してください

四白(しはく):目を開いて黒目の中心から真下に向かい、頬骨のキワから1cmほど下にあります。少しだけ窪んでいるので、広めに中指を使って押してください。

上記のツボ押しは、エステの際に必ず指をピタリと留めてじっくりと押す部分です。筆者のお客さまからも、「ぼんやりしていた目がはっきりと見える」と好評です。

朝晩はもちろん、仕事中に目が疲れた時も、この3カ所を押してみてください。疲れ目改善効果が期待できます。

目元のメイクをきれいに見せるためにも、アイケアを怠らず若々しい目元を保ちたいもの。毎日のアイメイクが楽しくなるように、専用の部分ケアコスメとやさしいマッサージをとり入れて、疲れを感じさせないパッチリとした目元をキープしましょう。

(肌育美容家 今泉 まいこ)

【関連記事】
・顔の滝汗が止まる!?汗が止まらない時の対策&クールコスメ
・40・50代の肌が綺麗に見える!ドラストで買える優秀UVカット3選
・NGクレンジングで老ける?シワたるみを防ぐクレンジング術
・大人毛穴を徹底ケア!40・50代のNG/OK毛穴ケア&メイク

【参考】
※エフェクト アイクリーム リフト – カナデル
※エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム – エリクシール
※N organic Vie リンクルパック エッセンス – エヌオーガニック