あなたは普段、体を左右に倒す動きを意識して行っていますか? おそらくほとんどの人は、その動きを行っていないと思います。

しかし、体を横に倒す動きをしないことが、脇腹のお肉を目立たせてしまう原因になることがあるのです。

女性の体型改善の専門家であるパーソナルトレーナーの筆者が、寝る前に30回で脇腹をスッキリさせるエクササイズを紹介します。

■日常生活で使われない脇腹

日常生活で、体を横に倒す動きはほとんど行われません。

その理由は、特に行う必要がない動きだからなのですが、この動きを行わないことで、脇腹の筋肉が徐々に衰えてきてしまいます。

体を左右に倒して起こすという動きは、脇腹の筋肉である腹斜筋が行っているのですが、日常で同じ姿勢がずっと続いている場合、あまり腹斜筋が使われません。

この腹斜筋が弱くなることで、脇腹のお肉が目立ってきてしまうことになるのです。

■腹斜筋が弱くなると肋骨が開く

腹斜筋は、肋骨の外側・下縁から骨盤の上部にかけてくっついている筋肉です。

寝る前に“30回”の習慣を!脇腹のお肉をとるエクササイズ

この筋肉が弱くなることで、肋骨が外側に開いてきてしまいます。

寝る前に“30回”の習慣を!脇腹のお肉をとるエクササイズ

この図のように、肋骨が外側に開くことで、骨盤と肋骨の位置の差がなくなってしまいます。そのためくびれはなくなり、脂肪は外側に移動し、脇腹のお肉が目立つようになってしまいます。

ですから、腹斜筋を鍛えて肋骨を絞めていく必要があるのです。

■寝る前に“30回”!腹斜筋を鍛える「ヒールタッチ」のやり方

腹斜筋を動かして鍛える「ヒールタッチ」というエクササイズを紹介します。横になって行うエクササイズなので、寝る前の毎日の習慣にしましょう。

View this post on Instagram

つやプラ – 40・50代女性の美容健康情報メディア(@tsuyaplus)がシェアした投稿

寝る前に“30回”の習慣を!脇腹のお肉をとるエクササイズ

(1)膝を曲げて仰向けに寝っ転がります。かかとはできるだけお尻に近づけます。

寝る前に“30回”の習慣を!脇腹のお肉をとるエクササイズ

(2)左手で、左のかかとを触りにいきます。

寝る前に“30回”の習慣を!脇腹のお肉をとるエクササイズ

(3)続いて右手で、右のかかとを触りにいきます。

(4)(2)〜(3)の左右をそれぞれ15回づつ、合計30回繰り返します。

(5)比較的楽にできるようだったら、かかとの位置をお尻から少し遠くして、脇腹の動きを大きくしましょう。

日常生活で脇腹の筋肉はほとんど動かされませんから、徐々に筋肉は衰えて、脇腹のお肉が目立ってきます。

ご紹介したエクササイズで、寝る前に毎日30回筋肉を動かして、引き締まったお腹を手に入れましょう。

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

【関連記事】
・40•50代から始めるべき「太らない方法」4つ&お腹周り引き締めエクサ
・座りっぱなしで「象足」に!?極太「老け足」を防ぐケア
・3つの不足が痩せない原因!?痩せ体質に導く生活習慣
・巻き肩でタレ尻に!?寝たまま「巻き肩解消ストレッチ」