顔の印象を大きく変える「たるみ」にお悩みの方は多いのではないでしょうか。顔のたるみが気になると顔のマッサージやスキンケアを重視しがちで、頭皮のケアを見落としがちです。

頭皮と顔の皮膚は1枚でつながっていることから、顔のたるみにアプローチするには頭皮のケアも重要です。

「頭皮」や「髪」の専門家である細川ひろ子さんにお話を伺いながら、アンチエイジングアドバイザーの筆者が40・50代の方におすすめのブラッシング方法やそれによって期待できる効果、使用するブラシ選びのポイントをご紹介します。

■ブラッシングのベストタイミングとは?

細川さんにブラッシングのベストタイミングを伺うと、「朝のスタイリング前と夜のシャンプー前のブラッシングがベストなタイミング。それぞれ目的は異なり、使用するブラシを使い分けることをおすすめします。必ず乾いた状態の髪をブラッシングしましょう」とのことでした。

今回は、夜のブラッシングについてご紹介します。

■夜のブラッシングで期待できる効果

Q1.夜、シャンプー前にブラッシングを行うことで、頭皮や髪にどのような効果が期待できますか?

夜のブラッシングの目的はシャンプー前に髪の絡まりをとったり、ホコリやスタイリング剤などの汚れをとったりすることにあります。それに加えて、頭皮をブラッシングすると血行がよくなるので頭皮の毛穴が開きやすくなり、毛穴に詰まった皮脂などの汚れをしっかりと落とす効果が期待できます。

その結果、食事から得た栄養分を毛根に行き渡らせる効果が期待でき、抜け毛や白髪などの予防にもつながります。

Q2.顔に関してはどのような効果が期待できますか?

たるみを引き上げる効果やくすみを改善する効果、額や目尻のシワにアプローチする効果などが期待できます。

■夜の基本のブラッシング方法

(1)ブラシの柄を握り、毛先の絡まりをとるようにブラッシングします。

(2)髪の汚れをとるように、髪全体をブラッシングします。

(3)高めのポニーテールを作るような要領で、髪の生え際からポニーテールの位置に向かって髪をかき上げるようにぐるりと3周ブラッシングします。

全体を通して注意したいポイントは、下記の通りです。

・ブラッシングした髪をもう片方の手で軽くまとめて、邪魔にならないようにしながら行ってください。

・心地いいと感じる強さで行ようにしてください。

・後頭部は循環が悪くなりやすいので、後頭部から頭頂部に向かってのブラッシングも忘れずに丁寧に行ってください。

■顔のたるみ、額や目尻のシワにアプローチするブラッシング方法

(1)ブラシを短めに持ちます。

(2)額のシワへのアプローチとして、前髪の部分を生え際から頭頂部に向かって引き上げるようにブラッシングします。

(3)目尻のシワや顔のたるみへのアプローチとして、こめかみ辺りの側頭部分生え際から頭頂部に向かって引き上げるようにブラッシングします。

■筆者が体験!夜のブラッシング

細川さんに伺ったブラッシングの方法を筆者が実践してみたところ、たった一度のブラッシングでも画像のように目視で確認できる嬉しい実感がありました

細川さんに伺ったブラッシングの方法を筆者が実践してみたところ、たった一度のブラッシングでも画像のように目視で確認できる嬉しい実感がありました。

日頃、執筆業中心で眼精疲労や肩こり、ガチガチの頭皮に悩まされがちな筆者ですが、ブラッシング後は頭皮がポカポカとしてきました。そして、目元や頭部がスッキリと軽くなるような感覚がありました。

また、頭皮だけではなく顔の血行も促進され、顔が明るく晴れやかになった印象を受けました。このほか、頬の位置が少し高くなり、フェイスラインもスッキリしたように感じられました。この後、シャンプーの前にいつも通りぬるま湯のシャワーを当て、予洗いしてからシャンプーをしたのですが、いつもより頭皮や髪の汚れがしっかりと落とせているような感覚があり、シャンプーの泡立ちもよくなった印象を受けました。

■使用するヘアブラシ選びのポイント

使用するヘアブラシ選びのポイントを細川さんに伺ったところ、「夜のブラッシングに適しているのは、頭皮が傷つかないようにブラシの先端がピン状になっていてクッション性の高いヘアブラシです。材質は合成繊維のものでもかまいません」とのことでした。

■夜のブラッシングにおすすめのヘアブラシ3選

(1)ヘッドスパ アラトギブラシ/ラ・カスタ

ヘッドスパ アラトギブラシ/ラ・カスタ

太く長いナイロン毛が頭皮に届き、ブラシの重みも利用しながら髪をしっかりととかすことができるヘアブラシです。クッション面は比較的大きく弾力性にすぐれているので、夜のブラッシングに最適。頭皮に心地良い刺激を与えてくれます。

毛量が多い方や髪が太く硬い方、髪のごわつき・広がりが気になる方にもおすすめのアイテムで、まとまりのあるスタイリングしやすい髪へと導きます。
(税込価格2,750円 問い合わせ先:ラ・カスタ)

(2)パドル ブラシ/アヴェダ

パドル ブラシ/アヴェダ

ブローやスタイリングの際に髪や頭皮への負担を緩和するよう、ブラシ中央より少し下の部分に空気穴が開いているヘアブラシです。四角の大きいクッション面はクッション性にすぐれており、夜のブラッシングにぴったり。

頭皮にほどよい刺激を与えながら広い面で髪をしっかりとキャッチし、髪のクセを伸ばしながらストレートな状態へと導きます。
(税込価格3,740円 問い合わせ先:アヴェダ)

(3)クッションブラシ by ウエットブラシ/ダイアンオーガニック

クッションブラシ by ウエットブラシ/ダイアンオーガニック

「インテリフレックス」という独自の柔らかなピンとふっくらとしてやわらかなクッションの相乗効果により、頭皮や髪を労わりながらブラッシングできるヘアブラシです。

木製ブラシにも関わらず軽いというのも特徴的で、指通りのいいつややかでサラサラの髪へと導きます。
(税込価格2,640円 問い合わせ先:ネイチャーラボ)

シャンプー前にブラッシングの一手間をかけることで、年齢を感じさせない美肌や美髪を育む効果が期待できます。ぜひ、今日からシャンプー前のブラッシングを習慣にしましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤 幸子)

【細川ひろ子(ほそかわ・ひろこ)さん プロフィール】

細川ひろ子(ほそかわ・ひろこ)さん

美容師/管理美容師/毛髪診断士/認定講師 ラ・カスタ 銀座本店のメインセラピスト。ラ・カスタ製品のブラシの開発にも携わる。イベントやTV出演、NHKセミナー等でも活躍。著書は「解決!大人の髪のSOS」。

【関連記事】
・白髪でもパーマで若見えに!注意すべきポイント3つ
・スッピン髪はNG!40・50代が使うべき日中用ヘアアイテム2種
・顔周りの髪がカギ!痩せて見える髪型4つ
・白髪は「○○な髪色」で目立たなくなる!

【参考】
※ラ・カスタ
※アヴェダ
※ダイアンオーガニック