細眉・太眉・困り眉など、トレンドの移り変わりが意外と早い「眉メイク」。アップデートを怠ると古臭いメイクになってしまい、老け見えにつながってしまいます。若見えを狙うなら、トレンドを抑えた眉メイクは必須条件です。

メイクアップアドバイザーの筆者が、トレンドを程よく取り入れつつ、40・50代がよりきれいに見える眉の描き方をご紹介します。

■トレンド眉とは

トレンド眉とは

最近は、自眉の毛流れを活かしたナチュラルなふわふさ平行眉がトレンドです。平行眉は美人度が増すだけではなく、どこかあどけなさを感じるのが特徴なので若見え効果が期待できます。

また、カラー眉のトレンドは継続していて、今期もさまざまなカラー眉アイテムが発売されています。40・50代が暖色系をチョイスして目周りに血色感をプラスすると、大人の肌の血色不足を補うことができます。

■40・50代がすべき秋の眉メイク法

ステップ1:アイブロウパウダーで大まかに形を作る

ステップ1:アイブロウパウダーで大まかに形を作る

アイブロウパウダーで眉の隙間を埋めながら、大まかに形を作りましょう。この後、アイブロウペンシルで眉尻を整えるので、この時点で眉尻をしっかり仕上げる必要はありません。

パウダーをブラシに取ったら眉の中央から左右にぼかし広げ、最後にブラシに残ったパウダーを眉頭にのせましょう。

ステップ2:アイブロウペンシルで眉尻を整える

ステップ2:アイブロウペンシルで眉尻を整える

パウダーで形を整えたら、アイブロウペンシルで眉尻の形を整えます。眉尻が曖昧だったりタイトに整えられていないと、だらしなく清潔感に欠けた印象になる場合があるので注意しましょう。

また、一筆書きで描くと不自然な仕上がりになるので、一本ずつ毛を描き足すように整えていきましょう。

ステップ3:アイブロウマスカラで毛流れを整える

ステップ3:アイブロウマスカラで毛流れを整える

最後に、アイブロウマスカラでカラーリングをしながら毛流れを整えます。

眉頭に向かって毛を逆立てるようにブラシを動かします。その後、毛流れに沿って整えましょう。

眉頭の毛はなでつけるのではなく、上に向かって立ち上げるように整えるとトレンド感のある眉に仕上げることができます。

眉メイクは少し練習が必要なパーツですが、旬顔には欠かせない重要なパーツです。この秋は、ぜひふわふさ平行眉にチャレンジしてみてくださいね。

(美容ライター/美容ブロガー/メイクアップアドバイザー/DNA栄養学ジュニアアドバイザー/GEN INE認定講師 伊早坂 美祐)

【関連記事】
・若見え&美人な印象に!40・50代が使いたいマスク3選
・今っぽくて若見えする!40・50代がすべき夏アイメイク
・若見え効果を徹底比較!40・50代が選ぶべきマスクは?
・マスク×目元メイク、40・50代がすべき「老けない色選び」