なぜ6月の満月を「ストロベリームーン」と呼ぶの?

 約29.5日周期で満ち欠けを繰り返している月は、6月22日(土)10時08分に満月を迎えます。6月の満月をストロベリームーンと名づけたのは、大自然の中で農作業をし、狩りをして生きてきた北アメリカの先住民族ネイティブアメリカンの人たちです。彼らは月ごとに満月に名前をつけて季節の移り変わりを的確に把握し、農作業や狩りをするときの目安としてきたのです。

 ネイティブ・アメリカンたちが住む地域では、6月は野いちごの収穫期。赤々と実る野いちごと空に浮かぶ満月を見て、彼らは6月の月をストロベリームーンと名づけたのです。

ストロベリームーンに恋愛運をアップさせる力があるといわれる理由とは?

ストロベリームーンに恋愛運をアップさせる力があるといわれる理由とは?

 金運アップや浄化など、満月はさまざまなパワーを秘めているといわれていますが、ストロベリームーンは特に恋愛運や結婚運など、男女を結びつけて幸せにする力が強いといわれています。その理由は、ストロベリームーンの名前の由来になった野いちごにあります。

 野いちごは、アメリカでは奇跡を呼ぶハーブ、ヨーロッパでは幸運と愛の象徴といわれ、縁起の良い植物です。そのように言われるようになったのは、いちごがどんどんツルを伸ばし、子株、孫株と増えていく植物で、子孫繁栄や幸せが広がる姿を連想させるから。また、赤くて特徴的な姿がハートの形にも似ていることも理由かもしれません。

 野いちごの花言葉には「あなたを喜ばせる」「幸せな家庭」「尊重と愛情」などがあり、男女の幸せに関係した言葉ばかり。このような理由から、野いちごと関連する6月の満月には恋愛運や結婚運をアップさせる力があると言われるようになったと考えられます。

ストロベリームーンの力を借りて恋愛運をアップさせる方法とは?

ストロベリームーンの力を借りて恋愛運をアップさせる方法とは?

 6月22日(土)の満月のパワーを利用して恋愛運をアップさせたいのなら、月の光を浴びるようにしてください。梅雨時期でお月さまが顔を出さないこともあるかもしれませんが、月のパワーはちゃんと降り注いでいるので、窓際から夜の空を見上げてみて。そのとき、「私は素敵な人と出会って幸せになる」「理想的な結婚生活をおくる」と月に向かって宣言します。満月はあなたの意志を受け取って、必ず希望通りになるように後押しをしてくれるはずです。

 体の外側から月のパワーを吸収したら、いちごを食べて内側か恋愛にまつわるエネルギーも高めましょう。シーズンオフでスーパーや八百屋の店頭でいちごを見つけられなかったら、いちごジャムや冷凍いちごでもOKです。「愛情」という花言葉が付けられたワイルドストロベリーの葉を使ったハーブティーもあるので、それをいただいてもいいかもしれません。

 365日私たちを照らしてくれる月ですが、少しだけ意識を向けるだけであなたを勇気づけてくれる存在へと変わります。一歩踏み出せないのなら、ストロベリームーンの力を信じて幸せになるために行動を起こしてくださいね。

(水浦裕美)