ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください!闘う嫁のサバイバル術9話

もう、いい嫁キャンペーンは終了だ! 結婚後に豹変したモラハラにしてマザコンの夫、そして嫁を召使い扱いするサイコパスな義母。ヤバすぎる親子にいびられ続けた嫁の逆襲が今、はじまる……!
Twitterで16万人以上のフォロワーから熱く支持されたmaronさんの痛快エッセイ『ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください! 闘う嫁のサバイバル術』から、厳選エピソードを10回連続でお送りします。今回は第9回です。

※本作品はmaron、高田 真弓著の書籍『ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください! 闘う嫁のサバイバル術』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

サイコパス義母編

朝から同居してる義母の小言がうるさいので「いたらない嫁ですみません。お義母さんの自慢の息子さんなら、次はもっといいお嫁さんが見つかりますよ」と真顔で言ったら黙ったのでオススメです。





いつまでも(この家に)嫁がいると思うなよ!

私は義両親との同居を甘く見ていました。こんなに制約が多く不自由だとは思わなかった……。

「オレの両親は本当に良い親だから」

こうやって嫁を説得する旦那は特に要注意。真逆のパターンがほとんどです。

もちろん中には嫁姑に配慮する旦那や、義母と嫁が気をつかいながら良好な関係を築く家族もいます。でも、ごくごく少数でしょう。

うちのサイコパス義母は常に自分中心なので、息子夫婦のライフスタイル、育児、趣味、夜の営みなどすべてのジャンルに口出しします。
毎日が小言で始まり小言で終わる。そんな生活です。

はじめは我慢していましたが、わりと早い段階で限界を迎えました。
捨て方が悪いといちゃもんをつけ、旦那の前で使用済みの生理用品をゴミ袋を開けて見せろと言う義母。まさに狂気。

その日も朝から小言が始まり、私はうんざりして言いました。

「いたらない嫁ですみません。自慢の息子さんなら、次はもっと素敵なお嫁さんがきますよー」

義母は口をへの字にして黙り込みました。

私には「出ていく」という選択肢だってあるんです。
言うことをなんでも聞いてくれる素晴らしい嫁2号を探してください。

まぁ、世界中探しても見つからないと思いますけどね。



今日の標語「いつまでも いると思うな 今の嫁」

著=maron、高田 真弓/『ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください! 闘う嫁のサバイバル術』(KADOKAWA)