いざという時のための備えとしても役立つ缶詰。最近では消費しながら買い足していく「ローリングストック」を実践しているご家庭も増えてきましたね。今回は「時短レシピ特集」の中から、保存に便利な缶詰を使った絶品レシピをご紹介。買い出しに行けなかった日に、作ってみてはいかがでしょう?

コンビーフ焼きうどん

【材料・2人分】
コンビーフ…1缶(約80g)、レタス…2〜3枚(約80g)、冷凍うどん…2玉、サラダ油、しょうゆ

【作り方】
1.冷凍うどんは袋の表示どおりに電子レンジで加熱する。コンビーフはほぐし、レタスは食べやすい大きさにちぎる。

2.フライパンに油大さじ1を中火で熱し、うどんを入れる。しょうゆ小さじ2を回し入れてなじむように炒め、いったん取り出す。

3.フライパンに油大さじ1を足し、コンビーフを炒める。さらにレタスを加えて炒め、しんなりしたら、2を戻し入れてさっと炒め合わせる。

4.器に盛り、好みで青のりをふっても。
(1人分412kcal、塩分2.2g)

コンビーフの塩気とみずみずしいレタスがクセになる一皿。冷凍うどんを使えば時間がない日もパパッと作れます。青のりをふるとさらに風味豊かに! 休日のランチにもおすすめです。

さば缶ドライカレー

さばの水煮缶を使った栄養満点の時短カレー。炒めた具材にカレー粉、トマトケチャップ、ウスターソースなどを加えて味付けし、水分が飛ぶまで数分炒めればあっという間に完成!



ツナとザーサイのそうめんチャンプルー

ツナ缶もザーサイもうまみたっぷりだから、味付けはしょうゆだけでOK。メインはもちろん、ごはんのおかずにも◎。



ソーセージとしめじのトマトパスタ

トマト缶とパスタはセットでストックしておくと便利。ソースと一緒にパスタをゆでれば、フライパン1つでできちゃいます。



ツナとコーンのサラダずし

コーンを混ぜたすし飯に、ツナやチーズ、きゅうりを飾ったお手軽ちらし。子どもも喜ぶ味わいです。



多めに備蓄→食事で消費→使った分を買い足すことを繰り返すローリングストック。賞味期限は長いとはいえ、定期的にチェックして上手に活用しましょう!

文=齋藤久美子