ごま油といえば中華料理...なんて思っていませんか? 実は、アジアンテイストやエスニック風のアレンジにも使えるんです。

「ごま油の意外な使い方」今回は、ごま油をアクセントにきかせたおやつやタレをご紹介しましょう。

*この企画で使用するごま油は焙煎タイプ (無色でないもの) です。

*  *  *

▶︎教えてくれたのはこちら!
小田真規子さん


料理研究家。雑誌や広告、企業の商品・レシピ開発などでも活躍。誰にでも簡単&確実においしくできる料理の提案に定評がある。
「こうばしい香りが食欲をそそるごま油。生のままでもおいしく食べられ、加熱するといっそう風味が引き立ちます。ほかの食用油に比べて酸化や熱に強いのも特徴ですよ」

和のおやつがアジアンテイストに

プラスごま油であんこの魅力を再発見


ごま油をバター感覚で、パンやお菓子に合わせるユニークなアイディア。特にあんことの相性は抜群なので、あんパンにかけたり、ごま油でこんがり焼いても絶品です。


大福を軽く潰してごま油で焼くと、こうばしさが加わって◎。ちょっとかたくなってしまった大福も、ふっくらもちっと感がよみがえります。


ごま油をカレー粉やオイスターソースと混ぜれば、エスニック風のたれのできあがり。蒸しどりや野菜にかけていただきましょう。

蒸しどりのシンガポール風



[ 材料・2人分 ]*1人分214kcal/塩分1.9g
・とりむね肉 (皮なし) ...1枚 (約230g)
・下味
 ∟砂糖 ...小さじ1
 ∟塩 ...小さじ1/4
 ∟こしょう ...少々
 ∟水 ...大さじ2
・トマトの薄い輪切り ...1個分
・レタスの細切り ...3〜4枚分
・エスニックだれ〈混ぜる〉
 ∟ごま油、オイスターソース ...各大さじ1
 ∟カレー粉 ...小さじ1/2
 ∟とり肉の蒸し汁 (または水) ...大さじ1〜2

[ 作り方 ]
1. とり肉はまな板に置いてラップをかけ、厚みのある部分を中心にこぶしで約30回たたき、厚みを均一にする。直径約20cmの耐熱皿にのせて下味をもみ込み、平らにしてふんわりとラップをかける。電子レンジ (600W) で約5分30秒加熱し (表面が少しピンク色でもOK) 、上下を返す。新しいラップをぴっちりとかけて約10分おき、余熱で蒸す。
2. トマト、レタスを器に盛り、とり肉を食べやすく切ってのせ、エスニックだれをかける。


エスニックだれは、ごま油とオイスターソース、カレー粉、とり肉の蒸し汁を混ぜるだけなので簡単!

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

ごま油×あんこのおやつは、コクが出て食べごたえもアップ。
ぜひ試してみてくださいね!




調理/小田真規子 撮影/飯貝拓司 スタイリング/中村弘子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/singt
 
【レタスクラブ編集部】