毎朝「よ〜し、今日はこれを着よう!」と、皆さんはスムーズにコーディネートが決まりますか? クローゼットには服が沢山あるのに、いざとなると、着たい服が見つからない……。そんなジレンマを克服するためのコツを、クローゼット整理収納に詳しい、スタイリストの黒田みかさんがレクチャー! 衣替えがまだの人も、この機会にクローゼットを見直してみては?



教えてくれたのは⇒黒田みかさん
パーソナルコーディネーター。クローゼットを本気で使いやすく変えたい人のための「美人整理塾」主宰。著書に『ミセス黒田のクローゼット整理術』がある。

1.持っている服が似合わない!と感じたら、「どんな格好がしたいか」をイメージしてみる


今までは「走れる」「子どもに汚されてもいい」が服選びの基準で、カジュアル服が多い、とお悩み相談者の読者Kさん。でも最近、子育てが落ち着き、年齢も重ねて持っている服が急に似合わない…と感じるように。本当はフェミニンなスタイルに憧れているそう。




「今後、どんな服を着てどんな自分でいたいか、人からどう見られたいか、じっくりイメージしましょう」と黒田さん。なりたい自分を明確にしておかないと、クローゼットをいつ見てもテンションが上がらず、“とりあえず……”とセールで余分な服を買ってしまいがち。「それではクローゼットどんどんぐちゃぐちゃに。着たい服が見つからないという負のスパイラルに陥らないための、具体的なイメージが大切です!」

2.なりたい自分に必要な服を厳選!お気に入りともう着ない服を仕分け

フェミニンなスタイルを増やしたい! 小さめのバッグが似合う格好がしたい!と思うようになったKさん。黒田さんが「今の気分に合う「お気に入りの服」を上下5着、「もう着ない服」を上下5着を、選んでみてください」とアドバイス。






お気に入りの服上下各5着をピックアップ






特に着ていない服上下5着をピックアップ

「お気に入りはクローゼットの一番出し入れしやすく、目立つ場所につるして!」と黒田さん。




「つい慣れで毎日着ていたけれど、そろそろダボっとしたカジュアル服は卒業してもいいのかも!と、目指すスタイルがはっきりしてきました!」と読者Kさん。

いかがですか? 毎朝起きたら、パッと目に入るのはお気に入りの5着。今日着たい服がぱっと見つかりやすい状態に。あとは小物などを合わせていくだけ。少ない点数から選ぶので、忙しい朝の負担も軽減しそうです。時間ができたらもう着ない服はリサイクルショップに出したり、人に譲ったりするなど、少しずつ手放していけば、次第にクローゼットがすっきり。朝の服選びがビシッと決まれば1日中気持ちよく過ごせそうですね。毎日服選びに困っている人は、ぜひ実践を!

撮影:木村文平
文:レタスクラブ編集部T