在宅で仕事ができるWebライターは、子育て世代のママにも人気がある仕事です。しかし、専業主婦歴が長い場合、何から始めてよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

「役立つような資格がないから…」
「パソコンスキルも最低限…」

このように不安やあきらめを感じている方も少なくありません。

そこで今回は、専業主婦歴20年を経てアラフィフからWebライターとして活動する山口なつめさん(@witch80906708)にお話をうかがいました。未経験・職歴なしからのスタートでも、フリーランスとして十分活躍できるとのこと。始めたきっかけや仕事を得るまでの経緯をお聞きします。



*  *  *

こんにちは、山口なつめです。現在、大学3年生、高校1年生、小学6年生の子育てをしながらフリーランスで働いています。1番目の子と3番目の子の年齢差が9歳あり、延々と小さな子のお世話をする日々でした。体力もなく、外で働くこと自体を諦めていたんです。そんな私が、ブログをきっかけにWebライターという職業に出会いました。

現在は、Webライターを中心に、インタビューやコミュニティ運営などにも取り組んでいます。50歳という年齢、20年職歴なし、資格なし、そんな一見不利な要素が並ぶ私が、どのようにWebライターとしてひとり立ちしたのかをお伝えします!

1.きっかけは夫が始めたアフィリエイトブログ

ある日、夫に次のようなことを言われました。

「アフィリエイトブログを始めようと思う。WordPressの設定は僕がやるから、記事を書いて」

※アフィリエイトブログとは、作成したブログ記事に企業の広告を掲載し、その広告経由で商品やサービスが売れるごとに報酬を得る仕組み。

※Wordpressとは、ブログやWebサイトの作成ができるソフトウエア。

どうやらブログアフィリエイトで副収入を得ようと思ったようです。原因は、月々のお小遣いが少ないのが不満とのこと。

「僕も書くから」

そう言われ、手伝いポジションのつもりで始めました。それなのに、夫は1記事も書かずに離脱!
手伝いで始めたはずなのに、いつのまにか私が運営することになっていました。

予備知識ゼロからのスタート…。発信内容も、子どもの教育や化粧品など、私の日常の延長線上で書けるものです。YouTubeや無料セミナーなどで学びつつ、独学でコツコツと1年くらい書き続けました。

その結果、月数千円〜2万円のアフィリエイト報酬が発生するように。しかし、それ以上稼げる未来が描けません。

そんなある日、ブログ記事からクラウドワークスのアフィリエイトが発生しました。アフィリエイトとは、インターネット広告の一種で「成果報酬型広告」とも呼ばれています。広告主が指定した条件(商品購入や申し込みなど)を満たすことで報酬が発生するのです。

どうやら、ブログ記事に掲載していた広告を経由して、どなたかがクラウドワークスに登録してくれたようです。わずか数百円でしたが、報酬が発生したので大喜びでした。

クラウドワークスといえば、クラウドソーシングサービスの最大手。報酬が発生したということは、ニーズがあるのだろうとピンときました。早速、自分もクラウドワークスに登録。サービスを体験して、ブログ記事のネタにする作戦です。

※クラウドソーシングサービスとは、企業や個人事業主がインターネット上で不特定多数の人に業務依頼するビジネスマッチングサイトのこと。

クラウドワークスにはさまざまな求人が掲載されています。しかし、私には特筆すべき資格も経歴もありません。しいて言うなら、ブログの実績をアピールして、記事作成を受注するくらいです。

「指定の美容機器を使用したことがある人」が条件の記事作成案件に応募したところ、なんと採用!「試しに書いてみて」と言われ、納品したところ「あと2記事」「あと2記事」と、最終的に7記事を納品することに。1記事2,500円の報酬で、2週間で17,500円も稼げたので大満足の結果となりました。

「Webライターっていいかも!」と思った瞬間です。



2.ライタースクールで学ぶ

Webライターの魅力に気付いたものの、たまたま採用されただけ。なにしろ資格なし、経歴なしですから、応募の際にアピールできるものがなにもありません。

ネットをさまよっていたところ、あるライター講座を発見しました。その講座は添削付きでWeb記事のルールや書き方が学べるというもの。独学だと結果が出るまでに時間がかかるのは、ブログで嫌というほどわかっています。

誰かに教えてもらった方が結果は早いはず!

自分の学びに何万円も出すことに慣れていなかったため、申し込みの時には気持ちが高ぶってドキドキしたのを覚えています。

結論からいうと、講座でWebライターの技術を学んだのは私の転機となりました。



3.SNSで世界が広がった



講座では「X(旧Twitter)で毎日発信しましょう」とすすめられました。それまでSNSといえばLINEのみ。どちらかというと「個人情報を抜かれる」「危険だからやらないほうがいい」くらいに思っていたくらいでした。

でも学んだことは実行しよう!

最初は、戸惑いましたが「とにかく何かを投稿する」を自分に課して、1日も休まず発信を続けています。その結果は…。

仕事につながったり、素敵な仲間やクライアントさんに出会ったり、良いことばかり!今では、X以外にもInstagram、note、Facebookでも発信をしています。現在受けている仕事のほとんどがSNS経由ですから、上手に利用することをおすすめします。



*  *  *

20年も専業主婦をしていたため、仕事のブランクが長かった私ですが、Webライターは、年齢も経歴も関係なく始められます。活躍しているライターさんは、30代〜40代の方が多い印象ですが、私のようにアラフィフでも大丈夫です!そして稼げるようになるための近道は、信頼できる講座で学ぶこと。1日でも早く始めることをおすすめします!





▶プロフィール
山口なつめ
SEOとインタビューに強いWebライター。2023年12月kindle出版「仕事が途切れないWebライターとして月30万以上稼げるフリーランスになる方法」noteの積極運用を目指す『note運用チャレンジ部』のコミュニティを運営中。







文=YY