ありがとう大好きな北海道!きれいで、たのしくて、意外とやさしかった雪の思い出

夫の出向に産休を利用してついてきて北海道に越してきたのは、2016年の事でした。



諸々の事情でもうすぐお引越しなのですが、3年の間にすっかり北海道が大好きになってしまいまして。ちょっと…いえかなり寒い日もあるにはありますが、食べ物はおいしいし、街はコンパクトで快適だし、ちょっとドライブすれば風光明美な見どころも盛りだくさん。



そんな数多くある好きになったものたちの中でも、特筆すべきは…



雪です。色々悩みましたが、やっぱり雪!



市が除雪してくれているから言える事だと思いますが、雪って降っている間も降った後もキレイだし遊んでも楽しいし…意外とちょっぴり生活を便利にしてくれる側面もあるんです。



ここではぜひそれをご紹介したいなと!



ただ引っ越したてで慣れないうちは、やはり苦労もありました。



まず0歳児を抱っこしながら雪や氷で覆われた路面を歩くこと。



「私が転んで子どもがつぶれちゃったらどうしよう」と生まれたての馬のようにガクガクブルブルしながら歩いていると、グングン地元のお年寄りに追い越されたり。



うちの近所だけかもしれませんが、スキー板以外のスキー道具フル装備でさくさく歩いてるおじいさんがちらほらいて「私もポール(スキー用の杖のようなもの)買った方がいいのかな…」と本気で悩んだ時期もありました。笑



ちゃんと防雪用の靴にして数ヶ月すれば転ばなくなったんですけどね。



子どもが自分で歩くくらい大きくなってくると、今度は「こけないように」にプラスして「車道に飛び出さないように」気を配るようになりそれはそれで大変になるのですが…



引っ越して2回目の冬、雪の意外な恩恵に気がつきました。





歩道がボブスレー(※)のコースのような雪道に!

※流線型の細長いソリにダッシュで乗り込み、雪の道を超高速ですべってタイムを競うスポーツのアレです



除雪車は路面の雪を脇にどかしながら進むので、歩道と車道の間に雪のガードレールができるんですね。その結果…



子どもが手をふりほどいてダッシュしても、そうそう車道には飛び出せません。笑



「ソリが使える」というのも雪の季節の大きな利点です。



最初はびっくりしたんですけど、北海道って幼児の移動にベビーカーでなくソリを使うんですよね。特に保育園のソリは大型で、六人くらい菓子折りのようにきちんと収まっておとなしく運ばれてたり(時に寝てたり)します。



一見「危なくないの⁈」と心配になりますが、ベビーカーやバギーだとタイヤが雪を噛んでしまって使いにくくなるんです。その点ソリなら万一落ちても地上数センチの高さなのでそうそうケガにはならない上、子ども自身も移動を楽しんでくれて、そのまま雪遊びにも使えるという。高齢の方のお買い物にも使われてたりもします。



きれいで、たのしくて、意外とやさしくもある雪なのでした。



作=きたあかり(レタスクラブニュース)


関連記事

おすすめ情報

レタスクラブニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索