浪費家の夫のせいで毎月のリボ払い地獄に苦しんでいます【お悩み相談】

夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

今回は共働きでも生活が厳しいという「りりこ」さんのお悩みです。



◆相談者プロフィール

りりこ(27歳女性)

お金とインテリアの話が大好きな27歳主婦です。



お悩み相談

結婚5年目、4歳の子どもがひとりいます。夫は正社員ですがボーナス、退職金がありません。私もフルタイムでアルバイトをしているのですが、毎月生活が苦しく貯金が全くできません。

しかも、お互いアパレル会社に勤めていることもあり、職場で着用する服を買わなければならず、被服費が夫は月に5万円、私は2万円近くかかっています。

昔、私はかなり倹約家でした。一人暮らしをしていた頃は服を多く買うこともなく、自炊をしたり無駄遣いをしたりしないように暮らしていたのです。ですが、夫と出会い、彼のお金の使い方に引きずられるようにお金を使うようになってしまいました。

同棲を始めてから知ったのですが、夫はかなりの浪費家。私のクレジットカードを使い込み、あっという間に利用可能額上限までギャンブルに使ってしまったこともありました。

このような生活で結婚前からクレジットカードのリボ払いを溜めていたり、生活費が足りず融資を受けたりで、現在借金もトータル200万円ほどまで膨れあがってしまいました。そのため、月に返済する金額もかなりの額になってしまっています。

すでに債務整理を行なっており、月に返済する金額はいちばん低い額にしてもらったものの、以前私が勤めていたお店が閉店してしまい転職せざるを得ず、収入が格段に落ちてしまいました。今までと同じように過ごしていては破産すると自分でも分かっていたので、やりくりを頑張っているのですがいまだ厳しい日々です。

結婚して5年経った今でも、毎月のリボ払い地獄に苦しんでいます。一人暮らしで貯めたお金は底をつき、一生懸命働いてもほとんど支払いに消えてしまいます。被服費はもちろんのこと、食費や光熱費なども見直して気をつけるようにはしていますが、なかなかこの状態から抜け出せません。

どうしたらうまくお金を使い、貯金ができるようになるのかが分からず、悩んでいます。





サポート利用も視野に、まずは夫婦で問題意識の共有を

先が見えないように思えるお金の悩みは苦しいものですよね。りりこさんの辛さ、とてもよくわかります。

ご相談の中で特に気になったのが、ご主人様の認識です。恐らくですが、りりこさんほどには現状に問題意識を持っていないのではないでしょうか。小さなお子様がいらっしゃり、利息が大きく膨らむリボ払いを利用している今の家計の状況は決して楽観できるものではありませんが、中には「今までも何とかなってきたんだから」という甘い考えを持つ方も珍しくありません。

夫婦や家族の家計を立て直すには、全員で問題意識を共有するのが第一歩です。現状の具体的な数字や、このままいくと数年後にどうなっているかなど、できるだけ詳細にお話をしてしっかりと危機感を持ってもらいましょう。一人では手に余ると感じるなら、県や市の公的な支援や、FPを頼るのも良いでしょう。

ちょっと勇気や努力が必要かもしれませんが、お子様の将来のためにも少しずつ前進していきましょう。



◆回答者プロフィール

ノラ

家計総合アドバイザー。ライフプランの作成から日々の節約のコツまで、これまで300件以上の家計に関する相談を解決。FP2級、住宅ローンアドバイザー資格有。(レタスクラブニュース)


関連記事

おすすめ情報

レタスクラブニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索