2022年末以降、AIが爆発的に普及した一部の理由は、無料で利用できたからです。

ChatGPTに登録するのも、GoogleのAIボットGemini(以前はBardとして知られていました)を試すのも無料です。つまり、誰もが人工知能のハイプを自分で体験することができます。

ただし、生成AIには多くの処理能力が必要なため、企業は資金源を求めています。

ChatGPTには「Plus」サブスクリプションがあり、より多くのパワーや機能にアクセスできます。一方、AIアートジェネレーターのMidjourneyはいくつかの価格設定のレベルを提供していますよね。

そして、Googleもその波に乗り出しました。同社は第4四半期の収益電話で、「Bard Advanced」を加入者に提供する計画があるそうです。「Bard Advanced」は「Gemini Advanced」であり、今では有料で提供されています。

GoogleのGemini Advancedとは?

GoogleのAIが少し複雑になりはじめているため、以下に詳細を説明します。

GoogleのAIボットはかつてはBardと呼ばれていましたが、現在はGeminiと呼ばれています。

これは、GoogleのAIとチャットしたり、生成AIで検索したり、画像を生成したりするときに使用するインターフェースのこと。GeminiはChatGPTのGoogle版です。

Geminiは3段階のレベルに分かれる

Geminiは以前、AIボットの動力源の名前でした。これはGoogleのLLM(大規模言語モデル)で、3つの異なるティアがあります。

Pro 1.0は、Geminiの無料版の動力源となるティアです。基本的なタスクを処理するのに十分なほど強力です。

しかし、Gemini Advancedは、最も強力なバージョンであるUltra 1.0という第三のティアで動作します。

Googleによれば、Ultraは「高度に複雑なタスクに対応するように設計され、テキスト、画像、音声、動画、およびコードなど、さまざまな種類の情報を迅速に理解して行動するために構築されている」と説明されています。

また、OpenAIの最高のモデルであるGPT-4などと特に比較され、多くのテストカテゴリでこのモデルに勝ると主張しています。

Gemini Advancedの価格はいくらですか?

Gemini Advancedは、月額$19.99です。ChatGPT Plusの価格と同程度です。

ただし、GoogleはGemini Advancedを「AIプレミアムプラン」の一部にしており、登録すると他のGoogle Oneの特典も受けられます。2TBのクラウドストレージが含まれます。

さらに、2カ月の無料トライアルも提供されているため、Advancedを試すリスクはありません。月額$20分の利点を見いだせない場合は、トライアル期間が終了する前にキャンセルすることができます。

これは、GoogleのAIの無料版がなくなるわけではありません。ChatGPTにはChatGPT Plusと共存する無料版があるように、GeminiとGemini Advancedも共存します。

Gemini Advancedにサインアップするか無料版を使用するかに関係なく、Web上、新しいAndroidアプリから、またはiOSのGoogleアプリからGoogleのAIにアクセスできます。

Googleの新しいAI「Gemini」誕生。Bardとの違いは? | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2402how-much-it-costs-to-use-google-gemini-advanced/

Googleの新AI「Gemini」は、ChatGPTとどう違うのか?独自のアドバンテージを検証 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2402-what-is-google-gemini/

Source: Google Play, App Store, Android Authority