常に清潔感を保ちたい人へ。セルフカットで活用できる簡単グッズ【今日のライフハックツール】

常に清潔感を保ちたい人へ。セルフカットで活用できる簡単グッズ【今日のライフハックツール】

美容院に行きたくても、まとまった時間がなかなか取れないことってありますよね。

カットの間隔がしばらく空くと、まず乱れてくるのはもみあげと襟足。この辺りはセットで取り繕えません。とりわけ、死角になって手も届きにくく、自分で整えるのも難しいのが襟足です。

今回は、この曲者をなんとか制したい方に向けて、襟足のセルフカットに役立つツール『EdgUp』をご紹介します。

襟足の安全ラインに

Image: fancy

裾の部分の剛毛具合で清潔感はずいぶん変わってくるもの。

『EdgUp』を利用して襟足を小まめに整えれば、美容院へ行くリミットが延長されて時間とお金が節約できそうです。

Image: fancy

パットを後頭部の髪の生え際に揃え、そこから出ている部分のみをシェービング。鏡を見なくても襟足が整えられますし、失敗のリスクも軽減できるはずです。

手軽に襟足を整えられる

Image: fancy

ストラップの長さを調整することで首元にフィットさせられます。また、素材にはシリコンを採用しており、ズレにくい工夫がなされているようです。

ご覧のように薄くてコンパクトなので収納場所を選びません。ですので手近に置いておき、爪切りするような感覚で首元のラインが整えられるんじゃないでしょうか。

サイズはフリーサイズですが、襟足の形に関してはビシッとまっすぐのワンパターンになりそうです。

『EdgUp』はfancyなどから購入できて、価格は20ドル(約2170円) + 送料19.95ドル(約2160円)となっています。蒸し暑い季節は裾の部分だけでも髪を整えて、スッキリと過ごしたいものです。

あわせて読みたい

「ショートヘアにしちゃお!」その前に読んでおきたい記事まとめ 突然、髪を短くしたくなることありませんか?「夏だしショートにしようかな」「気分転換に」「イメージチェンジしたいな」「元カレのことは、きっぱり忘れよう... https://www.lifehacker.jp/2019/06/short_hair_change.html 1年で節約できる金額は? セルフカットをはじめてわかったメリット 私はこの1月から、髪のカットにお金を払っていません。とは言っても、1月以降、髪を切っていないわけではありません。ショートヘアを自分で整えるのに、最初... https://www.lifehacker.jp/2019/04/how-much-money-can-you-save-by-cutting-your-own-hair.html まるで女スパイの秘密道具。ヘアクリップに5種の機能が入ったマルチツール【今日のライフハックツール】 マルチツールに目がない筆者としては、どうしても気になってスルーできなかったアイテム『Leatherdos』。見てのとおり、ヘアクリップ型というユニー... https://www.lifehacker.jp/2018/10/lht-leatherdos.html

Image: fancy

Source: fancy


関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索