脱無駄遣い! 賢いバーゲンハンターになるための4つの基本

脱無駄遣い! 賢いバーゲンハンターになるための4つの基本

2010年11月27日の記事を再編集のうえ、再掲しています。

熱気あふれるバーゲン会場へ行くと、ついテンションが上がってしまい「アレも欲しい!」、「コレもお得!」と、不要なものにまで散財してしまいがち...。

そこでこちらでは、バーゲンセールを賢く利用するための基本的なコツについて、とり上げてみたいと思います。

1: 買い物リストを作り、これに従う

単に「安いから」という理由で、必要のないものまで買ってしまわないように、事前に買い物リストを作りましょう。

実際に書き出すことにより、「本当に必要なものしか買わないぞ!」という意識付けにもなります。リストする商品はできるだけ特定すること。

ブランド名や商品名まで特定できれば理想です。

また、事前の製品調査もお忘れなく。特に、家電製品は、他のユーザのレビューや、口コミ情報にも目を通しておきましょう。

2: 買う前に「冷却期間」をおく

購入を焦らず、まずは冷静になりましょう。冷静な判断を促すため、15分程度(1時間ならベター)は、頭の中をクールダウンする時間を取るといいでしょう。

もし、セール期間がしばらく続くようなら、1週間程度おいて、購入の是非について判断するのもいいかもしれません。

3: 仲間を連れて行く

家族・友人などと一緒に買い物をしましょう。自分が買おうとしているものが自分に合ったものかどうか、第三者の客観的な意見が得られるからです。

4: 現金で支払う

「自分はこれだけのお金を使っているんだ」ということを自分に認識させる上で、クレジットカードではなく、あえて現金で払うのが効果的。

また、「現金支払」を徹底すれば、予算オーバーの買い物を防げます。自分は極めて冷静に買い物しているつもりでも、意外と衝動買いになっていることも...。

これらのコツは、バーゲン対策のみならず、日常の買い物にも活用できるので、是非とり入れてみて下さいね。

また、お買い得商品の事前チェックには、折込チラシに目を通すのが王道。「シュフー(Shufoo!)」などのオンラインチラシサービスもうまく利用しましょう。

あわせて読みたい

ついつい増える無駄遣いの原因と浪費を減らす4つの方法 あなたは、日々の出費をきちんと集計するタイプでしょうか。それとも、衝動買いしてしまい、後から明細書の金額を見て悲鳴をあげるタイプでしょうか。毎月いく... https://www.lifehacker.jp/2019/05/190971-stop-waste-money.html ちょっとの意識で変えられる、衝動買いを抑える5つの出費ルール 衝動買いの対象は、必ずしもぜいたく品とは限りません。私たちは、家庭用洗剤などのつまらないものも、ついつい買ってしまいます。ある研究によると、私たちは... https://www.lifehacker.jp/2018/04/165229how-to-cut-down-on-impulsive-spending.html?itm_source=article_link&itm_campaign=https://www.lifehacker.jp/2019/05/190971-stop-waste-money.html&itm_content=https://www.lifehacker.jp/2018/04/165229how-to-cut-down-on-impulsive-spending.html

Image: Beer5020/Shutterstock.com

Source: Shufoo!

Whitson Gordon - Lifehacker US[原文]


関連記事

おすすめ情報

ライフハッカー[日本版]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索