キャンプファイヤーの灯りだけもロマンチックなのですが、夜のアウトドア活動にはランタンなどの照明器具も必要ですよね。

雰囲気重視であればオイルランタン、実用性重視であれば手軽なLEDと選択肢が分かれますが、どっちも欲しいという欲張りさんにおすすめのランタンを発見しました。

姉妹サイトmachi-yaで掲載中の「ルミナイザーランタン」はオイルランプの小さい光で発電し、200ルーメンのLED光源を生み出してくれるユニークな製品。電池やケーブルなどの電源類も必要なく、わずか44mlのオイルで8時間も連続点灯が可能となっています。

キャンペーン終了まで残りわずかとなっていますので、改めて特徴をおさらいしてみましょう。

燃料はオイル、でもLEDランタン

Image: KaraSeed

「ルミナイザーランタン」のユニークな点はオイルに点火した小さな炎(熱源)から電気を生み出すという点。わざわざ発電するのは効率が悪そうにも思えますよね?

その点は特許技術でエネルギーロスを最小限に抑えているとのことで、なんと44mlの燃料で200ルーメンの明るさを約8時間維持するスペックを実現しているそう。

Image: KaraSeed

LEDランタンも手軽で便利ですが、自然放電などで使用の際に電池残量が少なかったり、使う前に都度充電しないといけないなど、細かな手間もあります。

「ルミナイザーランタン」であれば、少量のオイルがあればOKで、さらにガスランタンのように燃料を使い切る必要はありません。

Image: KaraSeed

実際にオイル燃料を取り付けて点灯する様子がこちら。

点火してからLEDの起動までは少々タイムラグがありますが、段々と明るくなる様子がわかりますね。

ナイロン素材で耐衝撃性も

Image: KaraSeed

ランタンの光源部分のカバー(ホヤ)はガラス製のものが多く、落下などで割れるリスクがありますが、「ルミナイザーランタン」はPA6ナイロンという非ガラス素材を採用し、割れにくく耐久性があるのも特長のようです。

Image: KaraSeed

脚は折りたたみ可能で、オイルユニットを含んでの重量は474gと収納時のサイズは500mlのペットボトルくらいの大きさなので、バックパックでも十分運べるサイズ感ですね。

Image: KaraSeed

ライトをオフにすれば、オイルランタンの炎と揺らぎを楽しむことができます。

Image: KaraSeed

市販のパラフィンオイルと注射器を用意すれば、燃料は詰め替えも可能。都度オイルユニットを買い換える必要がないのが嬉しいポイントかも。

災害対策にも使える

Image: KaraSeed

少ない燃料でも活躍するランタンなので、電源や燃料の供給が限られてしまうアウトドアシーンにはピッタリのランタンでしょう。

メインはキャンプ用途ですが、災害時にも使えそうなので購入の言い訳にできるかも?(笑)

少量のオイルで8時間の連続点灯が可能な「ルミナイザーランタン」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆時点で早割のリターンが25%オフの6,720円(送料・税込)からオーダー可能となっていました。

お得な先行販売キャンペーン終了まで7日となっているので、気になる方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>>特許技術搭載のルミナイザーランタン

Image: KaraSeed

Source: machi-ya, YouTube