ウェルビーイングという言葉がにわかに注目を集めています。
ウェルビーイングとは、肉体的、精神的、あるいは社会的に「よい状態(Well-being)」を意味する言葉で、日本語でいえば「広い意味での幸福」のような概念です。これを行政の目線でいえば「福祉」となります。

10月には岸田内閣総理大臣所信表明演説にて「人々のやる気・希望・社会の豊かさなどの、いわゆる『ウェルビーイング』を拡げていく」という文言が取り上げられたことも話題となりました。

国としては、単純にGDPを増やすことより、国民のウェルビーイングを高める政策を考えたほうが費用対効果としては有意義になります(もちろんGDP向上も国民を豊かで幸福にする指標の一部です)。地方自治体や官公庁はウェルビーイング向上を意識したKPI(評価指標)を設定し、効果的な政策の実施に取り組むようになっています。

企業としては、社員が会社へのエンゲージメントの高い人材として働いてくれるほうが離職率も下がり生産性も向上します。そのため社員のウェルビーイング向上を目指しています。

それは単純に給料を増やすという観点ではなく、働きがいやストレスのない職場環境づくりなど、各社がKPIを設定しながら試行錯誤をしています。いわゆるウェルビーイング経営です。

個人の視点で考える「幸福度」。鍵となるのはファイナンス

Image: Getty Images

ところがウェルビーイングの主体である「個人」についてはどうでしょうか。

もちろんウェルビーイング研究では、個人がどのようなときに幸福感を高めるか、知見を積み重ねています。しかし、具体的にウェルビーイングを高める方法として話題にされている分野は、感情としての幸福になります。

私はファイナンシャル・プランナーなので、「個人のウェルビーイングを高めるため『お金の働き』はどうか」ということを考えるようになりました。調べてみたところ、OECDの資料などでも、ウェルビーイングにおいて「ファイナンス」は外せない指標の1つになっています。

現実問題として、お金の上手な使い方はウェルビーイングを高めるために欠かせないファクターです。日々のお金が足りない人は幸福とはいえませんし、未来のお金に関する不安(たとえば「老後に2000万円」とか)を抱えている人と、今ある仕組みを理解し必要な備えをしている人では、幸福度はまた違ってきます。

しかしこれらは、キャリア形成や家計管理で大きく改善できます。お金との付き合い方をちょっと工夫すれば、もっとウェルビーイングを高める余地があるのです。

ウェルビーイング向上につながるお金の使い方とは?

Image: Getty Images

ウェルビーイング研究の成果はいくつも興味深い発見が含まれています。たとえばお金の使い方に着目してみると、「幸福度を長期的に高める」消費と、「幸福度を一時的に高める」消費があることがわかったそうです。

たとえば、「モノ系消費」から得られる幸福度、ウェルビーイングの向上は一時的で長続きしません。駅ビルのファッションブティックでストレス解消とばかりに高い服を買ったとします。しかし、アガる感覚は一瞬で、帰宅するときには醒めている人すらいます。

こういう「モノ」、特に「金額」を使ってたくさん幸福を得ようとしても長続きはせず、「また別の出費をする」「さらに高額の出費をする」ことで心の隙間を埋めていくことになります。とはいえ、金額を上げていくことで得られるウェルビーイングには限界があります

長期的な幸福をもたらす「コト消費」

もしお金を使って幸せを得ようと考えるなら、「コト消費」のほうを意識するべきです。コト消費は、経験や感動にお金を払うタイプになります。旅行(名所観光やキャンプ)、イベント(ライブや観劇など)などがその代表格。

過去を振り返ってみれば、金額より経験のほうが記憶に残っています

  • 学生時代に観た一本の映画やコンサート
  • 初めてのデートのとき公園で過ごした時間
  • 赤ちゃんが初めてつかまり立ちをした瞬間
  • 子連れの旅行で海や星空を楽しんだ時間
  • 念願のクラシックホテルでの一泊
  • 鹿児島まで行って屋久杉を目にした旅行

イベントによっては、お金がほとんどかからないものもあれば、そこそこお金がかかることも。しかし、「感動のためにお金を使う」を意識すると私たちのウェルビーイングは大きく高まり、長続きします

これからのお金の使い方は、ウェルビーイング向上をキーワードにしてみるといいでしょう。

これからの消費の軸、「感動」と「好奇心」の見つけ方

Image: Getty Images

団塊世代あるいはバブル世代などは、消費経済の申し子として「高級品を買うことがステイタスとして多幸感をもたらす」という感覚があるでしょう。

若い世代のなかには、これに違和感がある人も少なくないはず。自分が納得した製品を選ぶことのほうが大事であって、金額は関係ないという意識です。30〜40歳代を今過ごしている世代も、「そもそもそんなカネないし!」みたいな人が多いのではないでしょうか。

そこで考えてみたいのは、ウェルビーイングの視点を意識し、消費の感動を上手に集めていくことです。それどころか「カネを使わない」幸せを考えてみるといいでしょう。

私は、まちあるきを楽しむ東京スリバチ学会の一員ですが、参加者に共通しているのは「カネは関係ない」というスタンス。歴史好き、地理好き、建築好き、暗渠好きと、それぞれ興味のある分野は違いますが、実際にまちあるきをして経験をすることにお金はかかりません。交通費や食費、専門書籍代やイベント参加費用(無料のことも多い)が少しかかる程度です。

好奇心を持てる人は、ほとんどお金を使わずに幸せを見つけることができます。

人とのつながりも私たちのウェルビーイングを高めることがわかっています。交友関係はまさに「お金じゃないつながり」です。

仕事だけのつながりではなく、かつての学友や趣味つながりの交友を持ってみましょう。私たちを改めて幸せにしてくれるはずです。

こうしたカネのかからない趣味(しかも終わりがなく長続きする趣味)を楽しめる人は、いくつになっても幸せを手に入れることができます

賢く幸せを買うために「お金をどう使うか?」

ファイナンシャル・プランナーは、家計の収支バランスや、長期的な資産形成の重要性を常日頃考えてアドバイスする仕事です。しかし、貯金残高を増やすだけが幸せではありません

もしFPとしてアドバイスすることがあるとすれば、「幸せ」と「節約」のバランスを意識することです。家計の貯蓄額を増やすことは大切ですが、だからといって趣味や生きがいを完全にストップするのはやりすぎです。

「推し活」に夢中になっている人に関しては、毎月の家計が赤字になっていて危うさがあるものの、当人はとても幸福そうです。これを全否定してしまうと、家計は黒字化したものの本人の幸福度が低下することになります。

個人にとって重要なのは人生を通じたウェルビーイングを高めるためにどうお金を使うか、です。これからの日本で必要なのは「賢く幸せを買う」バランス感覚なのかもしれません。

先ほどの推し活は、少しだけ予算をコントロールできれば、家計が安定し、かつ幸福度も保てることになります。

あなたのお金のコントロール(ファイナンシャル・プランニング)に、ウェルビーイングを意識する発想をプラスしてみてください。つまりファイナンシャル・ウェルビーイングです。

お金を使う場合は、「使った以上に幸せになる方法」を、お金の余裕がなければ、「できるだけ少ないお金で幸せになる方法」を、どちらの場合も考えてみてください。意識するほど、私たちはもっと幸せになれる日々を送ることができるはずです。

山崎俊輔

フィナンシャルウィズダム代表。ファイナンシャルプランナー。夫婦で共働き、共家事、共育児しながら子どもふたりを育てている。

「独立しようかな」と思ったら、まず知っておきたい税金や社会保険の基礎知識【わかりやすく解説】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2309-money-column-free-lance-money-hack/

クレカ投資の最大のメリットは?|各証券会社の対応クレカ&付与ポイントを比較してみた | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2306-money-column-investment-with-creditcard/

デジタル給与支払い解禁!導入前にチェックすべきルールと注意点〜正社員・アルバイトではどう違う? | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2306-money-column-digital-payment/

Source: OECD