利用可能な手段がたくさんあるなかで、多くの人が資産管理アプリやソフトウェアに頼って家計を管理しています

個人的には、各自の家計管理のニーズに合わせてあらゆる種類の資産管理アプリをおすすめしてきましたが、正直に言います。

私のお気に入りの家計管理ツールは、AIを搭載した最新のアプリではありません。むしろ、支出の管理に使っているのはペンと紙です。そして、それは私だけの意見ではありません。

ここでは、支出を細かくチェックしたい場合に「昔ながらの」ペンと紙を使って家計を管理することにどのような利点があるのかを解説したいと思います。

「手書きの家計管理」が節約につながる理由

以前取り上げたように、また、おそらく生活の中で気づいている人もいると思いますが、お金に触れたりお金を手放したりすると脳内に痛みを伴います。

ですから、予算を守るのに精神的な後押しが必要な人には、オンラインの銀行口座をチェックするよりもペンと紙という物理的なもののほうがはるかに強力です。アプリには存在しない、ある種の摩擦が生まれるのだと思います。

少なくとも言えるのは、表計算ソフトはすぐに負担が大きくなってやる気をなくしてしまうことがある、ということ。

一方で、紙とペンは支出を管理可能にする小さな一歩を踏み出す手段になります。手書きで家計管理をはじめるための、実行しやすいステップを見てみましょう。

お金の行き先を確認する

最も重要な問いがこれ。お金はどこに消えているのか?

ここでは予想で満足してはいけません。自分の支出習慣を直視することです。最近の銀行やクレジットカードの明細、レシート、直近の給与明細など、収入と支出の概要がわかる書類をすべてまとめましょう。

そうすることで、家計の全体像を把握することができるのです。まずは、定期的な収入源と金額をリストアップして、収入を合計しましょう。

  • 税引き後の給与
  • 受領済みの育児給付
  • ほかの仕事や投資からの収入など

そのうえで、紙をもう1枚用意して大まかな支出のカテゴリを確認すること。

一般的な支出項目を書き出してみましょう。それぞれの横に金額を書き込めるよう、スペースに余裕を持たせておくのがポイントです。

  • 住居費
  • 光熱費
  • 交通費
  • 食費
  • 借金返済
  • 娯楽費など

支出を記入して集計する

家計管理の基本をおさらいしましょう。アプリを使えば確かにとても簡単ですが、例の「摩擦」を感じられるよう、基本的な管理を実践したいわけです。以下はその具体的な方法です。

  1. 銀行やクレジットカードの明細を使って、リストアップした各費用のカテゴリに金額を割り当てる。
  2. 家賃、インターネット、車の支払い、保険など、それぞれの項目を適切なカテゴリに入れる
  3. 電卓を使って各カテゴリの支出額を合計
  4. すべてのカテゴリを合計して、毎月の支出総額を出す。
  5. 収入の合計から支出の合計を引いて、毎月の残額を計算する。

予算を実際に「上手に使う」コツ

予算が設定できたら、予算額と照らし合わせ実際の支出を記録して使い過ぎを防ぎながら、毎月積極的に予算を使いましょう

簡単なことのように聞こえますが、紙とペンが効果的な理由は、同時にそれが難しい理由でもあります。つまり、努力が必要なのです。

1日の支出を使うごとにメモする習慣をつけましょう。あるいは、月に一度、銀行口座の明細を紙の家計簿に書き写すのもいいでしょう。

近頃アプリが紙に勝っている点は、スマホが常に手元にあって便利だということ。

これを解決するには、手軽なノートに家計簿をつけるか、実際に座って記録する時間を設けることです。自分に毎月カレンダーの招待を送りましょう。

「本当に必要?」を習慣化する

ペンと紙を活用するもう1つのテクニックは、買う「前」に買いたいものを物理的に書き出すことです。

銀行口座の明細を使って、正式な「買いたいものリスト」に何が含まれているか見てみましょう。このリストの中身に目を通すと、「本当に必要なものは何か」をもっと深く考えて判断できるようになります。

無謀なクレジットカードの使い方に悩んでいるのであれば、もっと良心的なお金の使い方をするために実際に家計を記録するのが第一歩になります。

家計簿を書くという具体的な行為を活用して、自分の支出習慣についてしっかり自覚し説明できるようになることです。

無意識の浪費を根絶。「価値あるお金の使い方かどうか?」を見分ける3つの軸 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2212-stop-your-unconscious-spending-1/

一番簡単な節約は「ムダ捨て」をやめること。実は何度も使える使い捨て日用品6選 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2310-all-the-single-use-household-items-you-should-be-re-using/

銀行口座にいくら貯金しておくべき?緊急資金、投資資金の基本的な考え方 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2309-how-much-cash-should-you-ideally-keep-in-your-bank-accounts/

Source: The Philadelphia Inquirer