iPad向けの手書きノートアプリ「Notability」は、多機能で書き心地も快適。

しかも、iPhoneやMacでも使えるという優れものです。

日頃から愛用している人も多いのではないでしょうか?

そんなNotabilityで、仕事効率化に役立つ便利機能を5つご紹介します。

目次

1. よく使うペンを「お気に入り」に登録

2. 手書き文字をテキストに変換

3. 直線や図形を簡単に描く

4. 紙の書類を取り込んでメモを書く

5. 2つのノートを同時に開く

1. よく使うペンを「お気に入り」に登録

Notabilityには、2種類のペン先と12種類の太さがあり、カラーも豊富に用意されています。

目的に応じて使い分けできるのは便利ですが、毎回選び直すのは少々面倒。

そこで役立つのが、よく使うペン先の種類と色、太さの組みあわせをキープできる「お気に入り」です。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

ペンの選択後に「お気に入り」をタップすると、画面の隅に表示されるパレットに追加されます。

ペンだけでなく、蛍光マーカーや消しゴムも追加可能。消しゴムにはストローク単位で消せるものと部分的に消せるものがあるので、これも使い分けると便利です。

ちなみに筆者は、手書きメモ用の黒ペンと、PDF書類に書き込むときに使う赤と青の細いペン、蛍光マーカーと消しゴム2種類を登録しています。

2. 手書き文字をテキストに変換

手書き文字をテキストに変換できる機能も便利です。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

変換したい範囲を選択ツールで選択した後、タップすると表示されるメニューで「テキストに変換」を選択。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

すると、プレビュー画面に変換後の文字が表示されます。正しく変換されていない部分があれば、該当部分をタップして修正することも可能。

「選択したものを変換」を選べば、ノート内の手書き文字がそのまま変換されます。別のアプリで使いたいときは、「テキストをクリップボードにコピー」からコピーが可能。

認識の精度も高く、けっこう雑に書いた文字でもちゃんと変換してくれます。

3. 直線や図形を簡単に描く

図解などもサッと描けるのが手書きアプリの良いところですが、フリーハンドだと、どうしても線や図形が曲がったりゆがんでしまいます。

そのようなときは、設定メニューの「手書き」内にある「直線」や「形状検知」をオンにしておくのがおすすめ。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

線を引いたり図形を描いたりした後に長押しすると、自動的に直線やきちんとした形状の図形に変換してくれます。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

図形の形が思い通りにならなかった場合は、隅の□をドラッグして変型させることも可能です。

4. 紙の書類を取り込んでメモを書く

紙の書類をiPadに取り込んで修正点を書き入れる作業も、Notabilityだけで完結します。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

ノート画面右上の「+」から、「書類スキャン」を選択。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

カメラが起動するので書類を撮影。撮影後に保存形式の選択画面が表示されるので、「PDF」「画像」のいずれかを選択します。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

取り込み後は、通常のノートと同様に各種ツールで文字を書き込んだりマーカーを引いたりがすることが可能。資料のペーパレス化を進めたい場合にも役立ちます。

5. 2つのノートを同時に開く

Notabilityに取り込んだPDF書類を見ながら、別のノートにメモを取れるのが、2つのノートを並べて表示できるマルチメモです。

1つのノートを開いているときに、画面を左端からスワイプすると、最近使ったノートが一覧表示されます。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

開きたいノートの右端の点をタップして「左に表示」「右に表示」のいずれかを選べば、現在のノートの横に開くことができます。

Screenshot: 酒井麻里子 via Notability

中央のハンドルを動かすことで、それぞれのノートの幅を変えることも可能。前回の打ち合わせメモを見ながら新しいメモを作成するなど、さまざまなシーンで活用できます。

1100円という価格ながら熱心なファンも多いNotability。せっかく購入したのなら、その便利な機能を隅々まで使いこなしたいところです。

最新 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スカイブルー (第4世代)

69,080円

あわせて読みたい

iPadで手書き文字をテキストに変換する方法 「スクリブル」は、iPad上でApple Pencilを使って文字を手書きすると、それを即座にテキスト変換してくれるという、「iPadOS 14」の... https://www.lifehacker.jp/2021/04/how-to-convert-handwriting-text-with-scribble-on-ipad.html 行方不明になったApple Pencilを見つける4つの方法 2015年のリリース以来、Apple Pencilがさらに魅力的になりました。デジタルアーティストやデジタルデザイナーにとって優れたツールであるだけ... https://www.lifehacker.jp/2021/03/how-to-find-apple-pencil.html

Source: Notability/App Store