乾燥機から出したシャツが縮んでいたら、ショックですよね。でも、縮んだ服を復活させられる可能性はあります。

所要時間は約1時間、必要なのは家庭用ヘアケア製品とタオルだけ。

縮まった服をもとに戻す方法を説明します。

縮んだ服を復活させられる理由

服が縮むのにはちゃんとした理由があります。

まず、衣服が濡れると繊維に水が入り込み、繊維が伸びます。それを乾燥機に入れると繊維がカールして、乾燥過程で前よりも繊維の目がつまります。

この伸び縮みによって、普通サイズのシャツが子どもサイズになってしまうというわけです。

この過程を逆行させる最善の方法は、布地をほぐしてカールしてしまった繊維を伸ばすことです。

コットンの服を伸ばす方法はこちら。ほかの生地や混紡生地の衣服ももとに戻す方法はいくつかあります。

私が最近試してみた方法は、シャツをコンディショナーに浸して軽く絞り、伸ばすというものです。

次のものを用意します。

• バケツ

• コンディショナーかベビーシャンプー

• ぬるま湯

• 大きなタオル

縮んだ服を伸ばして形を整える方法

まず、ぬるま湯を入れたバケツとヘアコンディショナーを用意します(洗い流さないタイプではぬめりが多くなるかもしれないので、洗い流すタイプのものがベター)。慎重な人はベビーシャンプーを選んでください。

TikTokユーザーのArmen Adamjanさんは、自分のチャンネルcreative_explainedで、1カップ(訳注:アメリカの1カップは250ml)のコンディショナーを使うように言っています。

私は2/3カップにしたのですが、それでも多すぎると思いました。服がぬるぬるにならないように、バケツ1杯の水に対してカップ半分をおすすめします。

コンディショナーを水に加えたら、泡だて器などで白濁するまで混ぜます。衣服をその液に浸して、布を優しくマッサージして押し絞るようにして、30分間浸します。

@creative_explained

Try this next time you shrink a shirt #lifehack #hack #trick #tips #cleaninghacks #magic #howto #learnfromme #learnontiktok #lifehacks #brilliant

♬ original sound - Armen Adamjan

そのあと、バケツから取り出す時に溶液を完全には洗い流さないように(私は余分なコンディショナーを少し洗い流しましたが、問題ありませんでした)。

取り出す際に軽く水を絞りますが、形が崩れてしまうかもしれないので絞りすぎないようにしてください。

軽く絞りつつできるだけ水を取り除いて、乾いたタオルの上に服を広げて置きます。タオルで服を巻いて押し、余分な水分を取り除きます。

そのあとでも服はまだ濡れてはいますが、びっしょり感はなくなっているでしょう。

その状態で布をそっと伸ばしてもとの形やサイズになるようにして、別のタオルの上に広げて置いて乾かします。

布地がまた縮むのを防ぐために、服がぴんと伸ばされた状態になるように本やペーパーウェイトなど重さのあるものを服の上に置いておさえてもよし。

伸ばしたままで乾けば(または縮みがずっと少なくなれば)、その服をまた着ることができるようになります。

イノマタ化学 がんばりバケツ15L ブルー

1,650円

Source: ZME SCIENCE, Bob Vila, Wash Lava, TikTok