Spotifyの有料プラン「Premium」で利用可能になった、Apple Watchでのオフライン再生機能。

あらかじめ曲をダウンロードしておけば、iPhoneがなくても音楽を聴くことができます。使い勝手をチェックしてみました。

メニューに新項目が出現

まず、iPhoneのSpotifyアプリでプレイリストやアルバムの画面を開き「…」をタップ。メニューに「Apple Watchにダウンロード」という項目が表示されるので、ここをタップします。

Photo: 酒井麻里子 via Spotify

すると、Apple WatchのSpotifyアプリに項目が表示され、ダウンロードが始まります。完了まで少しかかるので、自宅で時間があるときにダウンロードしておくといいかもしれません。

Photo: 酒井麻里子 via Spotify

ダウンロード済みのプレイリストやアルバムは、AppleWatchアプリの「ダウンロード」に表示され、ここから再生が可能。

ちなみに、ダウンロードできるのは、1つのプレイリストにつき50曲まで。50曲以上収録されているプレイリストをダウンロードした場合は、50曲目までしか取り込むことができません。

また、1曲ずつのダウンロードもできないので、お気に入りの曲だけをApple Watchに入れたい場合は、自分でプレイリストを作成して、それをダウンロードするのがよさそうです。

スマホなしでも再生が可能

Apple Watchに曲をダウンロードした後、iPhoneを家に置いたまま出かけてみました。Apple WatchにBluetoothイヤホンを接続して利用します。

画面上部には、iPhoneとの接続が切れていることを示す赤い四角に斜線のアイコンが表示されていますが、「ダウンロード」からプレイリストを選ぶと、しっかり再生が開始されます。

Photo:酒井麻里子

SpotifyのApple Watchアプリには、「マイ ライブラリ」という項目もありますが、こちらはiPhoneのSpotifyアプリをApple Watchから操作するリモコンのような機能。

ためしに、近くにiPhoneがない状況で「マイライブラリ」の曲を再生しようとしたところ、エラー表示になりました。

Photo: 酒井麻里子 via Spotify

なお、ダウンロードした曲をApple Watchから削除したい場合は、Apple Watchの「ダウンロードを編集」から操作が可能です。

AppleMusicには以前から搭載されていたダウンロード機能。「Spotifyにも早く搭載してくれ!」と待ち望んでいたユーザーも多いのではないでしょうか。近所の散歩やジョギングなど、iPhoneを持たずに出かけたいときには重宝しそうです。

最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

32,780円