スマホやPC、iPadの充電をしている時、「今どのくらい充電されているんだろう」と気になったり、「あれ?充電されてなかった!」と何らかの不具合に気づくことはありますよね。

CIOのディスプレイ搭載シリコンケーブル USB type-Cは、ケーブルとしての機能も優秀でありながら、ディスプレイ付き。これが一気に充電環境を快適にしてくれる画期的なアイテムなのです。

【CIO 柔らかいシリコンケーブル 液晶ディスプレイ搭載はこんな人にオススメ!】

  • 充電状況や出力をひと目で確認したい
  • 取り回しのきく、シリコンタイプのケーブルを探している
  • 断線しづらく、あらゆるデバイスに対応した充電ケーブルを探している

ディスプレイ搭載のCIOのシリコンケーブル

「ケーブルはどれを使ったって一緒」。以前まではそう思っていましたが、CIOの充電器を使いはじめてからは、そのストレスフリーな使い心地にケーブルにもこだわるようになりました。

CIOのディスプレイ搭載のシリコンケーブル USB type-Cは、充電速度をリアルタイムで確認ができるアイテム。最近、こういったディスプレイ搭載のものが増えてきましたが、信頼性のあるCIOを購入しました。

ディスプレイで確認できるのは、「45W」「65W」など最大100Wまでの充電出力状況。iPhoneの急速充電時には「PD」といった表示が出て、ガジェット好きにはたまらないかも。

スマホだけでなくMacbook ProやSurface、LenovoなどのノートPCにも対応。100W急速充電には100W出力以上に対応したACアダプタが必要なので注意が必要です。

L字コネクタのため折り曲がったり断線する心配も少なく、ノートPC使用時や収納時には、取り回しの良さに感動。省スペースの場所でもスマートに使うことができます。

しなやかなシリコンケーブルでストレスフリー

実は今回、シリコンケーブルを購入したのは初めて。こんなに柔らかいのかってくらい手触りもよく、折り癖がつかないのが気に入っています。3万回の折り曲げテストを実施し、断線しにくい耐久性にも期待。

カバンやポケットに入れてもしなやかなので絡みにくく、出し入れもスムーズ。「一度使ってしまうと、従来のケーブルには戻れないかもってくらい質感が良く気に入りました。ディスプレイの耐久性がどのくらいなのか、ということだけが気になるところです。

対応機種はiPhone15、iPhone15 Pro/Pro Max/PlusSONY XperiaやSamsung、Galaxyなどの各種Android端末や、100W充電に対応しているUSB-C対応のiPad ProやiPad Air/mini、Macbook ProSurface、Lenovo、Switchなど。あらゆるデバイスに使えるのはうれしいですよね。

L字型だけでなくストレートのタイプのほか、色はブラック、パープル、ホワイトから選ぶことができます。

充電出力を確認できることでさっとデバイスを使える便利さは、意外と大きかったです。

Ankerと悩んでこっちを買った!急速充電で超コンパクトCIOの3ポート充電アダプターを愛用する理由【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2209_lht_cio_charging_adapter/

「スティック型」で急速充電! MacBook用充電器の正解見つけた【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2208_lht_innergie_c6/

ロジクールのトラックボールマウスならWindows・Macの切り替え一瞬!【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2207-lht-logicool-ergo-wireless-trackball/

https://www.lifehacker.jp/regular/lh_tools/ 今日のライフハックツールをもっと見る

>>「ワークスペースを整える」の記事をもっと見る

Source: CIO, Amazon.co.jp