あれもこれも、まだ必要だからとっておかなければ、と片付けようとしても収納に困るのが書類。特に仕事の書類は重要なものも多いので、取り出しやすい場所に保管しておきたい。

そこで解決してくれるのがコクヨが販売する「さっと出し入れできる壁掛けポケット」机上にファイルや棚を置かなくてもエア収納でスッキリ整理することができます。

コクヨの「さっと出し入れできる壁掛けポケット」はこんな人にオススメ!】

  • デスクや棚に散乱しがちな書類を1カ所に綺麗にまとめて管理したい
  • 小分けの仕切りがあり中身を取り出しやすい整理整頓アイテムを探している
  • 紙書類を分別して管理しやすいアイテムを探している

書類が少ない場合は折りたためる「さっと出し入れできる壁掛けポケット」

さっと出し入れできる壁掛けポケット」は、「書類用」「書類・カタログ用」「小物用」の3つのラインナップがあり、なかでも気に入ったのは中身の出し入れがしやすい「書類・カタログ用」です。

フックを吊るすだけで壁面を有効活用。どんな場所でも設置しやすいのに、厚手のカタログまで入る収納力。厚みは45mmまでなら収納が可能で、余裕のあるサイズ感。

3段階に分かれた収納スペースで、家族の書類や仕事の書類などの仕分けも楽です。

さらに、中身が少ないときはフックに留めて折り畳めるので、かさばることもナシ。収納の少ない場所でも、多くの書類をまとめておくことができます。

郵便ポストに手紙を入れるような感覚で、片手でスッと出し入れがしやすいのもストレスフリーでうれしいです。

オフィスでも仕事部屋でも、または家族用のファイル収納としてリビング等でも使えるデザインと質感も気に入っています。

文房具やメモ帳の収納なら「小物用」

紙の書類だけでなく、ハサミやペン、メモ帳といった細々としたものを収納するなら「小物用」がおすすめ。

中身が見えやすい透明タイプなので、何を収納しているのかひと目でわかります。

ポケットは大きく開くため出し入れしやすく、ハサミやメモ帳、タスク管理用のメモ、修正テープなど仕事でよく使うものを収納。

仕切り付きなので中で小物類がごちゃついたり、ペンたての奥底を探したりすることもないので、修正テープなど小さいものを収納するのに打ってつけ。ポケット設計なので、ポーチを使用しているような感覚です。


「これ以上、机上に収納用品を置きたくない」と思っていた筆者は、壁面を有効活用した壁掛けポケットのおかげで、より効率的なワークスペースの使い方ができるようになりました

──2023年1月18日の記事を編集のうえ、再掲載しています。

コクヨの『キャリーボックス<NEOS>』で移動が超ラクに! 収納力の秘密は特殊な仕切りにアリ【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2211-lht-kokuyo-carry-box/

収納力・取り出しやすさがレべチ!コクヨのペンケースは「ななめ仕切り」だから使いやすい【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2210-lht-kokuyo-pencil-case/

ケーブルつけたまま持ち運びたいなら。コクヨのBIZRACK『PC ツールバッグ』が快適【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2207_kokuyo_bizrack_pc_tool_bag/

>>もっと【今日のライフハックツール】を見る

>>「ワークスペースを整える」の記事を見る

執筆・撮影:カマタユキコ

商品貸し出し/Source: コクヨ, Amazon.co.jp