誰かと会話をしたいと思っても、会話の糸口となるトピックがわからなくて困った経験がありますよね?

今度そのような状況に陥ったら、「HEFEメソッド」を試してみましょう。

テーマを絞って会話の糸口をつくる「HEFEメソッド」

FORDメソッドに類似した「HEFEメソッド」とは、会話の糸口となる広範な4つの主題トピックを覚えやすくしたもの。

「HEFE」とは、趣味(Hobbies)・娯楽(Entertainment)・食べ物(Food)、環境(Environment)の頭文字をとったものです(ここでいう「環境」とは、気候変動や保護活動といった意味ではなくあなたの周囲の状況を指します)。

FORDのトピック(家族、職業、レクリエーション、夢)は、ある種のプロフェッショナルな状況や知人との会話に役立つかもしれませんが、HEFEメソッドは特に見知らぬ人との会話に役立つでしょう

質問の例は以下です。

【趣味】

  • 週末は何をされるのが好きですか?
  • 夏に楽しいと感じることはありますか?
  • スポーツを何かしていますか?

【娯楽】

  • お気に入りのテレビ番組は何ですか?
  • 最近読んだ本で良かったものはありますか?
  • ここ1年で観た最高の映画は何ですか?

【食べ物】

  • 料理は好きですか?
  • 人に料理をふるまうとき、得意な料理は何ですか?
  • 今すぐ好きな食事を出してもらえるとしたら、何を選びますか?

【環境】

  • このバスはいつも時刻ぴったりに来ますか?
  • リノベーション以来、ここに訪問するのは初めてですか?
  • このスペースはいつもこんなに混雑していますか?

認知科学の研究者であり、Mind Brain EmotionのCEOであり、「52 Essential Conversations(成長マインドとコミュニケーションスキルを構築するための会話カード)」の開発者であるジェニー・ウー氏によると、HEFEメソッドは低リスクかつ直ちにアクセス可能な日常のトピックとのこと。

だからこそ、会話をはじめることに抵抗感や不快感をより感じにくくなると、ウー氏は述べています。

専門的な知識はあまり必要なく、意見や見方を共有することで、互いをよりよく知ることができるのです。

さらに、宗教や政治のように論争を生むトピックと比較して、HEFEメソッドに関連するトピックは比較的「安全」なトピックであると、心理学者のメアリー・アン・コーヴィ氏が次のように述べています。

安全なトピックは、心理的ハードルを最小限に抑え、自分自身の興味に焦点を当てる傾向があります。

HEFEメソッドの利点

ウー氏によると、HEFEメソッドの魅力の1つとして、これらのトピックは予測とコントロールが可能だと実感を持ちやすいからなのだそう。次のように説明しています。

コミュニケーションに不安を感じる人は、前もってロールプレイをして、これらの話題について話す練習をすることもできます。

同様に、HEFEトピックは会話の土台をつくるので、それによって安心感を提供します。コーヴィ氏は、以下のように指摘しました。

コミュニケーションに不安を抱えるほとんどの人々は、不快な沈黙を恐れ、その沈黙を埋める方法がわからず、さらに不安を引き起こしてしまうのです。

ライセンスを持つ結婚家族セラピストのマリオ・パラシオス氏によれば、HEFEの「環境」要素は、社交的な状況に不安を感じたり、途方に暮れたりする人に特に役立つといいます。なぜなら、環境は平等なものだからです。

彼は、次のようにも述べています。

コミュニケーションに不安を抱える人が環境に焦点を当てる主な利点は、それが自分自身から焦点を移すことです。コミュニケーションの不安は、しばしば自分自身に対する否定的な信念に基づいて、他人からどのように判断され、認識されるかを心配することを中心に展開します。

このような状況にある人にとって、焦点を自己から移動させ、意図的に共有環境に焦点を置く努力をすることは、プラスになるでしょう。

「言うんじゃなかった…」が多い人に教えたい。失言を防ぐTHINKメソッドで大人の会話をマスター | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2312-if-people-respond-badly-to-you-think-before-you-speak/

誰も教えてくれない「正しい雑談の仕方」をレクチャー。気まずい沈黙を打ち破ろう | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2312-matome-how-to-chat/

一流と三流はどこが違う? 説明の達人が実践する「伝わる話し方」 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2402-how-to-explain-things-better/

Source: Mind Brain Emotion, Mario Palacios Therapy,