道なき道を拓き、未だ見ぬ新しい価値を世に送り出す人「起業家」。未来に向かって挑むその原動力は? 仕事における哲学は…? 時代をリードする起業家へのインタビュー『仕事論。』シリーズ。

今回は、「We make time. テクノロジーを用いて人々に時間を取り戻す」をミッションに掲げ、AIで日々の膨大なタスクを自動化するツール「Yoom(ユーム)」で社会にインパクトを与えるYoom株式会社の波戸崎 駿(はとさき しゅん)さんにインタビュー。起業の背景や、M&Aを経てたどり着いた現在の事業について伺いました。

成長事業を手放してまでAIを選んだ理由

──まずは起業の経緯を教えてください。

子どものころから「起業家になりたい」という夢があり、大学生の時はネット通販などのビジネスをしていました。お金を稼ぎたいというよりも、「事業で利益が出る」ことが楽しかったです。ただ、売り上げの金額には非効率性を感じて、事業をちゃんと勉強したいと。

それで、「新規事業ができる」ということで株式会社じげんに新卒で入社。「プログラミングを書く以外は全部やる」という感じでセールス、マーケティング、事業企画などを経験させてもらいました。

入社当時は社員20人くらいのベンチャー企業でしたがマザーズに上場し、東証一部まで昇格したころに退社しました。(※東京証券取引所 市場再編前の区分)

──会社はかなり成長して、事業も任されて充実していた時期だったのではないですか?

はい、まさに。ですが、ちょうどそのころAIの波がきて「おそらくこれはインターネットの登場を超える技術革新になる」と思ったんです。

この波を逃してはいけない、という気持ちで起業を決めたのが2018年です。

──ChatGPTが出てくるよりもかなり前ですね。

はい、当時はまだChatGPTなどはなかったですが、AlphaGo(アルファ碁)が世界トップクラスの名人相手に勝利をおさめるなど、AIの活躍がニュースになりはじめていました。自分もそのあたりでAIを意識するようになったんです。

それで2019年の1月に株式会社TimeTechnologiesを立ち上げました。

そこでは「アルゴリズムソリューション」と名付けて機械学習アルゴリズムを作成し、販売していたのですが、その中でもメッセンジャーアプリ「LINE」のマーケティング向けのアルゴリズムが急激に売り上げを伸ばしたんです。

企業様の公式アカウントにアルゴリズムを組み込むと、配信する内容やタイミングをユーザーに合わせて運用できる、といった商品です。これは、のちに「AutoLine(現:Ligla)」となってM&Aに至った商品になります。

──そこまでの成長事業を手放したのはなぜですか?

当時、TimeTechnologiesで開発していたもう1つのプロダクトが、「さまざまなSaaS・AIと連携した独自の業務ツール」でした。それが現在、弊社で販売している「Yoom(ユーム)」です。

TimeTechnologiesでは、このYoomとAutLineの2つの事業に取り組んでいたのですが、両方を同時に伸ばしていくのが難しくなってきたんです。開発を進めながらシステムエラーがあればそちらの対応もしなければなりません。

やはり1つにフォーカスしたほうがいいと判断し、M&Aに踏み切りました

──AutoLineよりもYoomを選んだ理由は?

売り上げ規模としてはAutoLineの方が断然大きかったのですが、「We make time. テクノロジーを用いて人々に時間を取り戻す」というミッションにより早くたどりつけるのはどっちか、と考えるとYoomだと判断しました。

AIで事業を展開していくときに、何がもっともインパクトをもたらすかと考えたら、おそらく「時間を生み出すこと」だと思ったんです。15年、20年と経って振り返っていたときに、「仕事の自動化はすごかったよね」と言われる時代が来ると思っていて、それこそが最大級のインパクトではないかと。

「時間を生み出す」2つのプロダクト

──ではYoomの事業について教えてください。

現在は「Yoom」と「Yoomナレッジ」の2つの事業を行っています。

Yoomはあらゆるクラウドサービスと連携し、業務を自動化するノーコードプラットフォームです。一連の業務をボットが自動化するため、日々繰り返し発生する業務、たとえば書類の発行や議事録制作などが自動化されます。

名刺をアップロードすれば会社名、名前、電話番号などを読み取ってワークフローをつくることも可能です。連携しているアプリは100を超え、ご利用いただいている企業様も8000社(※2024年1月時点)を超えました

Yoomナレッジは、簡単に言うと社内版Googleのようなもの。たとえば必要な申請の資料がすぐに検索出来たりします。これはシステムから情報が自動的に蓄積されて、検索するとAIが回答してくれるというものです。

企業で働く人の業務の20%は社内の情報検索に費やされている」という調査レポートもあります。つまり「週5日のうちの1日分」。その無駄な時間を削減するのがYoomナレッジです。

──これまでに困難はありましたか?

困難だらけです(笑)

自分のメンタル面での難局は、やはり「M&Aが正しい意思決定だったのか?」ということでした。AutoLineは上場を目指せるくらいに伸びていたので、周囲の経営者からも「なんで売っちゃうの?」と言われることも。かなり思い切った決断だったと思います。でも同時に、決断を「正しかったこと」にしていく覚悟もできました。

もう1つは、組織づくりですね。AIの波が想定よりも3年ほど早く来てしまい、開発量がかなり多くなっています。強い組織、より早く開発できる組織をつくるのが難しいところです。

1つ心がけていることが「口座残高などの推移」を全社員に開示すること。売り上げも経費もすべてです。透明性を高く保つために、そして全員で共通の認識をもって事業に当たるために前社から続けています。

──事業で目指しているゴールは?

世界的なビジネスオートメーションをつくることです。

Yoomを選んだ何よりの理由が「利用者の個々人が喜んでくれること」。利用者の「時間を作り出す」という、インパクトを社会に与えていきたいです。

──仕事に取り組む熱意の源泉を教えてください。

非常にシンプルですが、「事業が楽しい」ということ。

ビジネスそれ自体が好きなので、全く苦になりません。ユーザーがYoomでどれくらいの時間を生み出したか、どれくらいのユーザーが使ってくれているか、という数字に向き合うのもすごく楽しいです。

あとは分析するのも好きですね。たとえば飲食店などに行って、従業員がどのように配置されているのかを見て分析して、オペレーションや採用の科学を考えたり。

──波戸崎さんにとって、リーダーシップとは?

正直、まだわからないところはありますが、「絶対に目標を達成する」ということ。そして逃げないこと。でもまだ模索中ですね。

ベゾス、孫正義、坂本龍馬…志を学んだ先人たち

──ここからは一問一答形式でお聞きします。仕事は何時にはじめて、何時に終えますか?

朝10時から夜10時ですね。ほぼルーティンになっています。

土日もカフェで仕事したりするので、基本的に仕事をしない日はありません。仕事が趣味みたいなものなので。

──愛用デバイス、仕事道具は?

MacとiPhoneとフリスクです。

フリスクは仕事中はずっと食べてますね。これを食べてるとお腹が空かないんです(笑)。

──情報収集はどのように行なっていますか?

X(Twitter)とLINE NEWSですね。テレビはほとんど見ません。

Xは海外のテクノロジー系のアカウントはフォローしています。結構ビジネスのヒントがたくさんあるんですよ。

──能力を伸ばすには? ビジネス力を伸ばすには?

量質転換」これに尽きると思います。

量をこなしていけば質に転換できるようになる。これ以外に方法があるのかな?という感じです。

──余暇の過ごし方は?

土曜日はカフェで仕事して、日曜日はジムに行ったあとに仕事をしているので、余暇というほどの時間はほとんどないのですが、Netflixは見ます。

ジャンルは、主にアニメをよく観ますね。『SPY×FAMILY』とか『ONE PIECE』とか『HUNTER×HUNTER』とか、人気作・話題作は大体見ています。

あと、後楽園にあるスパ施設、ラクーアによく行きます。東京で一番いい場所なんじゃないかと思うくらいです(笑)。

──心が折れたときはどうしますか?

あまり心は折れませんが、寝たら回復するタイプです。

ゲームのドラクエ(ドラゴンクエスト)が好きなんですが、ドラクエもHP(ヒットポイント)が減ってきたら寝れば全開しますよね。ほぼドラクエに近いです。

──尊敬する人や憧れの人、好きなアスリートやアーティストは?

ずっと起業家を目指してきたので、ジェフ・ベゾスやマーク・ザッカーバーグ、孫正義さんに憧れます。事業で新しい価値観を作り出している人たちですね。

中でも特にAmazonのジェフ・ベゾスは哲学含め、本当に尊敬しています。

──食生活で気をつけていること。好物は?

フリスクばっかり食べているので、食生活はひどいです(笑)

ただ、健康を害するのは経営リスクだと思っているので健康診断の数字は気にしています。といいつつも、好物はラーメンです。

──運動の習慣は? どんな運動をされますか?

日曜日にボクシングジムに通っています。

「仮に強盗に襲われたとしても、ボクシングができればどうにかなるはず」という謎の動機です(笑)。

──これだけはやらないと決めていることはありますか?

特にない、と言うよりどちらかというと、「できる限りやろう」と思うタイプです。

──ビジネスパーソンにおすすめの一冊は?

孫正義さんの自伝的な本、『志高く 孫正義正伝』が好きですね。「志の大きさによって人間の人生は決まる、できる限り目標を高く持とう」という話なんですが、本当にその通りだな、と思います。

それと、佐藤航陽さんの『未来に先回りする思考法』。佐藤さんは宇宙開発と仮想現実の事業をされている起業家で、本に書かれている「テクノロジーによって未来の行き先が決まる」という話は、自分の事業計画や経営戦略をつくるときのベースになっています。

──座右の銘は?

世に生を得るは事を成すにあり」。坂本龍馬の言葉です。

「生きているからには大きなことを成し遂げなければならない、学ぶことは事をなすための手段だ」という言葉で、常に意識しています。

祖父が書道家で、この言葉を大きな掛け軸に書いてもらいました。朝起きたら必ず見える場所に掛けてあるので、毎日意識しますね。

波戸崎 駿(はとさき しゅん)

同志社大学を卒業後、2013年4月、新卒で株式会社じげんに入社。3年目から基幹事業である求人事業部の事業責任者に就任。2度のM&Aや大手通信会社との事業提携を実施後、2019年1月に株式会社TimeTechnologiesを設立。2022年に株式会社ブレインパッドへTimeTechnologies社の株式を譲渡し、同年6月Yoom株式会社を設立。

Photo: 伊藤圭/Source: Yoom株式会社