「いちばん高いもの」がいちばんいいものとは限りません。それはスマートウォッチにも言えることです。

Apple Watch SEからApple Watch Ultra 2に乗り換えて数週間が経ちましたが、12万8800円もするUltra 2より、3万4800円のSEのほうが、私はずっと好きなのです。

Ultra 2には、常時表示ディスプレイやアクションボタンなど、優れたところがたくさんあります。ですが、その仕様は「プロ」向けであり、搭載されている機能の多くは、普通のユーザーには不要でしょう。

価格を気にする必要がなくても、Apple Watch SEやSeries 9のほうが好きだという人は、少なくないはずです。

というわけで今回は、Apple Watchのハイエンドモデルとローエンドモデル、それぞれの長所と短所を徹底解説していきます。どちらを選ぶべきか迷っている人の参考になれば幸いです。

スマートウォッチを買う理由

私がスマートウォッチを身につけるようになったのは、コロナ禍が終わって、通勤の回数が増えはじめたころでした。

私はそれまで、自分がいわゆるアスリートタイプではないこともあって、スマートウォッチに関しては、「なんだか馬鹿げている」と感じていました。いかにも自慢するための製品という感じがしていたからです(昔の折り畳み式携帯電話が出たころも、きっと同じことが言われていたのかもしれませんね)。

Apple Watch SEは、そんな私のようなユーザーにぴったりな製品です。小さくて軽く、私を納得させるのに十分な機能を備えています。

言ってみれば、iPod Nanoのアップデート版です。メディアを操作したり、決済したり、ウォーキングをときどきトラッキングしたりといったことに使える、小さな機器なのです。

私が使う機能はそれくらいですが、とても便利なので、いまではApple Watch SEをすっかり気に入ってしまいました。電車の中でスマホをカバンの中に入れっぱなしにしておけるところもうれしいポイントです。

けれども、スマートウォッチが登場して以来、この新たなデバイスのジャンルにすっかり入れ込んでいる人たちもいます。彼らが求めるのは、ハイエンドモデルに組み込まれている精密なセンサーや、アップグレードで手に入るラグジュアリな見た目、手首にずっしり重いケースの感触です。

そんな人たちにうってつけなのが、Apple Watch Ultra 2です。

Apple Watch現行3モデルの違い

Apple Watchは現在、3つのモデルが販売されていて、私がテストしたのはそのなかの2つです。

どちらのモデルも悪くありませんが、ターゲットユーザーはそれぞれ異なります。なので、たとえ価格を気にする必要がなくても、考慮に入れるべきことはたくさんあります。

Apple Watch SE

いちばん安いのはApple Watch SEで、価格は3万4800円から。いちばん小さいサイズが用意されているモデルで、スペックも必要最小限です。

そのアルミニウムのボディーに搭載されているのは、最大1000ニトのディスプレイ、最長18時間稼働できるバッテリー、S8チップ(Siriや「iPhoneを探す」などの機能を動かします)、そして光学式心拍モニターです。

耐水性能は50m。追加で8000円を支払えば、モバイル通信機能を利用できるGPS+Cellularモデルにアップグレードできます。

Apple Watch Series 9

そのワンランク上がSeries 9で、価格は5万9800円から(GPS+Cellularモデルは7万5800円。ステンレススチールケースを選ぶと、支払い額はさらに上がります)。

余分にお金を出せば、最大2000ニトの常時表示ディスプレイがついてきます。S9チップ(Siriや「iPhoneを探す」などの機能がアップグレードされるだけでなく、ダブルタップ機能も使えるようになります)や、最新の心電図(ECG)、皮膚温センサー、高速充電のほか、バッテリーが最長36時間稼働する低電力モードも利用できるようになります。

Apple Watch Ultra 2

最上位モデルがUltra 2で、価格は12万8800円から。仕様は1種類だけで、アクセサリーによって追加料金が発生します。

ケースはチタニウム製で、ディスプレイは最大3000ニトの常時表示タイプS9チップ搭載耐水性能は100mです。

組み込まれているGPSは改良型で、モバイル通信にも対応しています。バッテリーの稼働時間は、通常使用で最長36時間、低電力モードでは72時間です。また、本体の側面にはオレンジ色のアクションボタンがついており、ジャイロスコープや水深計などのセンサーも追加されています。


どのモデルにも、OLEDスクリーンとデジタルクラウン、スピーカー(Ultra 2には改良型が組み込まれています)、メニューボタンが搭載されていますが、その違いをすべて取り上げていたらキリがありません。詳細はAppleのサイトでご確認ください。

さて、ここまでいろいろと解説してきましたが、実は私がまだ触れていない、Apple Watch SEとUltra 2の最大の違いがあります。

Ultra 2は、大きすぎるし重すぎる

Apple Watch Ultra 2
Image: Michelle Ehrhardt

私は冒頭で、Apple Watch SEはiPod Nanoのアップデート版だと表現しました。この喩えは、Ultra 2には当てはまりません

SEには40mmと44mmの2つのサイズがあり(私が使っているのは40mm)、いちばん重い44mmのGPS+Cellularモデルでも、その重さは33gです。それに対してUltra 2は、サイズが49mmのみで、重さは61.4gです。

このサイズ感は、特に私のように手首が細い人には、大きすぎます。これでは、iPhone用のコントロールセンターを装着しているというより、別のiPhoneを丸ごと手首につけているようなものです。

自慢する分にはいいですが、私がスマートウォッチを使うきっかけになったような日常使いには向いていません。

Ultra 2を使ってみたのですが、専門性の高い一部のユースケースを除くと、私が本当に楽しめた唯一とも言えるアップグレードは、常時表示ディスプレイです。それ以外はすべて、文字どおり「重荷」でしかありませんでした。

もしあなたが私と同じタイプなら、Ultra 2を選ぶのは誤りです。

たとえお金に余裕があって、普段からM3 Max搭載 MacBook Proなどの最上位機種に手を出している人でもあっても、選ぶべきではありません。

結局は、いくつもの機能を使わないままになり、使い勝手も悪いでしょう。安いモデルのほうをおすすめします。

Ultra 2が真価を発揮するシーン

だからといって、「Ultra 2の機能の数々は役に立たず、Appleが高い価格をつける口実にすぎない」ということではありません。アウトドア派など、これらの機能がとても役に立つ人もいます

私がSEとUltra 2の比較をはじめたそもそもの理由は、Android/iPhone/Apple Watch用のゴルフコースアシスタント「Golfshot」アプリのアップデート版をテストすることでした。

Apple Watch UltraとUltra 2用アプリのアップデートが先ごろ実施されたのですが、これがまさに画期的でした。もし私が大柄で手首がもっと太かったら、このアプリがUltra 2へのアップグレードを価値あるものにしたことは間違いありません。

今回のアップデートでは、アプリのコース・ラインナップにゴルフ練習場が追加されました。さらに、Apple Watch Ultraシリーズに搭載されている特別なセンサーを使って、毎回のスイングを細かく追跡できるように。

テンポやリズム、バックスイングなどの追跡を可能にする「SwingID」は、Series 9でも利用できますが、Ultraなら、スイングを800Hzで追跡でき、ボールを打った瞬間を正確に検出できます。

私の場合、プレイ開始から数時間後には、このデータをもとに、ショットがやたらと右に向きを変える原因を突き止め、最終的には矯正することができました

Apple Watch Ultraがその力を発揮するのは、このようなケースです。

ほかにもたとえば、強力な防水加工や、「水深」アプリがあるおかげで、Apple Watch Ultraはダイビングに欠かせないアイテムになっています。

また、細部まで行き届いた文字盤のオプションや、XLサイズのバッテリー、ラウドスピーカー、モバイル通信機能は、ハイカーが情報を収集して、身の安全を守るのに役立ちます

私自身は、そうした機能を使うことは当分ないと思いますが、GarminのMk3 Dive Computerをはじめとするライバルのスポーツ用ウォッチは、へたをすると何千ドルもします。

それを思えば、Apple Watch Ultraは、より専門性の高い機器の代わりとして通用すると言えるかもしれません。

Apple Watch Ultraは、サイズが大きいという点でも、ラグジュアリーウォッチとしての競争力を高めています。

私は、自分が身につけるものを自慢したいタイプではないのですが、Ultraシリーズが魅力的に見えることについては異論はありません。(特に、バンドをApple公式のエルメス製のバンドにした場合は素敵です)。

ジムに行くだけの人に、Ultraは必要か?

Apple Watch Ultraにいちばんふさわしい肩書きは、「特別なスポーツ活動のパートナー」だと、私は思っています。

私の場合は、Ultraをつけて実際にジムに行きましたが、正直、あまり大きな効果は得られませんでした

ジムに行くとたいてい、エリプティカルマシンを30分ぐらい、ウエイトリフティングを10分ぐらい行ないます。そのうえで、Ultraをつけておいてよかったと思えた機能は、アクションボタンだけでした。

UltraにもUltra 2にも、本体側面にオレンジ色のアクションボタンがついています。設定しておけば、このアクションボタンで、ストップウォッチやフラッシュライトを起動できるようになります(ちなみにフラッシュライトは、ディスプレイが白く光り、明るさが最大になるように設定されます)。

Ultraシリーズのアクションボタンで設定可能になる機能のほとんどは、SEとSeries 9でも利用できますが、いちいちメニューを探し回らなければなりません。

なので、ボタンを一度押すだけで機能をすぐオンにできるのは、とても便利なのです。この点は、iPhone 15 Proと15 Pro Maxのアクションボタンと似ています。

私は、アクションボタンを押すとワークアウトがはじまり、もう一度押すとワークアウトを一時停止できるようにしました。

SEを使ったときも、Ultra 2を使ったときも、記録されたデータにそれほど大きな偏りは見つかりませんでした。ただし、SEの場合はたいてい、SEがワークアウトを検出して追跡をはじめるのを待ちますが、Ultra 2の場合は、より正確なタイミングでワークアウトを追跡できました

SEには軽量という利点はありますが、ジムにいることを認識するまでに、少し時間がかかる場合があります。

屋外でワークアウトする人なら、Ultra 2のバッテリーが大きい点も見逃せません。SEはたいてい、毎晩の充電が必要ですが、Ultra 2なら一晩おきで済みました。

いずれにしても、充電完了までそれなりに時間はかかりますが、Ultra 2を選んだほうが、「うっかりバッテリー切れのまま手首にはめていた」なんてことは減るはずです。

ワークアウトの追跡のほかには、「心電図」と「周期記録」の各アプリにも触れておくべきでしょう。どちらも、Ultra 2より手ごろなSeries 9でも利用できますが、SEには、周期を手動で記録するための機能しかありません。

Apple Watch SE
Image: Michelle Ehrhardt

結局、買うべきモデルはどっち?

あなたにいちばん適したApple Watchは、必ずしもオプション機能がいちばん多いモデルだとは限りません

私が好きなのは、通勤の友として使える、最小限のインターフェイスを備えた小さくて軽いデバイスです。ということで、SEは予算の都合で妥協して選んだわけではなく、私のお気に入りのモデルなのです。

それに対してUltra 2は、ダイビングやゴルフ、ハイキングといった、より強度の激しい屋外スポーツを趣味に持つ人に向いています

特別なセンサーと頑丈なデザインを備えたUltra 2なら、もっと値の張る専用機器にも引けを取りません。大きいことは大きいのですが、決済などの日常使いにも対応できます。

妥協点としてちょうどいいのがSeries 9です。

いちばん小さいタイプなら、SEよりも少し大きいだけですし、カラーはこちらのほうが豊富です。

Ultra 2ほど大きくないにもかかわらず、追加のセンサーもいくつか組み込まれています。

もっとも、自慢したい人にはいい選択ですが、出費が2万5000円増えるのと、これらのセンサーを本当に使うのかどうかについて、よく考える必要はありますが。

AppleがWWDC 2024で発表したwatchOSの新機能まとめ | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2406-every-new-feature-apple-revealed-for-watchos-11-during-wwdc-2024/

新しいApple Watch購入後、設定してよかった10のこと | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2405first-things-you-should-do-with-new-apple-watch/

Source: Amazon(1, 2, 3, 4), Apple(1, 2, 3, 4, 5, 6), App Store,