ダンボール箱に荷物を詰めて封かんするとき、どんなテープを使っていますか?

紙製で表面がツルツルしたガムテープ(正しくはクラフトテープ)は手で切って貼りやすいので使っている人も多いんですが、しかし重量物に使うと破れやすいのに加えて耐水性も低く、実はあまりおすすめできません。

では布製の粘着テープではどうかというと、使いやすくて頑丈だし耐水性も十分だけど、その分コスパがあまりよろしくない。

では梱包用テープは何がいいか? というと、圧倒的におすすめなのがOPPテープです。

ガムテープや布テープと比べても圧倒的に粘着力が高く、とても頑丈で、耐水性があって、重ね貼りもできて、しかもコスパ抜群。正直、これ以外の選択肢はないだろうというレベルで優秀なんです。ただ1つ、専用のテープカッターを使わないと切り貼りしにくい、というのが弱点なんですが…。

そこで今回は、PLUSから発売されている、OPPテープが使いやすくなる装着形のテープカッター「GRIP CUT」を紹介したいと思います。

【「GRIPCUT」はこんな人におすすめ!】

  • 段ボールの梱包作業がめんどう
  • 複数個の荷物をスピーディーに効率よく梱包できるアイテムが欲しい

専用カッターならではの工夫が満載で、テープの切り貼りが効率的!

OPPテープは、手で切れない頑丈さと、強力過ぎる粘着力のせいで、ガムテープのように手でピッと切って貼るような使い方ができません。

そこで、テープロール自体に取り付けて使うテープカッターが必須になるんですが、そのカッターの性能が低いと、せっかくのOPPテープの性能が活かせないどころか、むしろ扱いづらくなることも。

であれば、ちゃんとしたテープカッターを導入するのはマストと言えるでしょう。

「GRIP CUT」(グリップカット)は、テープの装着・引き出し・カット・テープ端の後処理などなど、随所に新しい工夫が施されており、封かん作業がサクサクと効率的に。個人的にいま最もおすすめできるテープカッターなんです。

使用する際は、まずカバーをパカッと大きく開いて、リールにOPPテープの芯を通してセット。さらにテープ端を引き出して先端のシリコンローラーの隙間に通します。

最後にカバーをカチッというまで戻せば準備は完了です。

リール内のグリップと上面カバーをがっちり鷲掴みするように握れば、安定感は抜群。

テープの先をダンボールの端に貼り付けて引っ張ると、ビビビビビッとテープが引き出されるので、そのままダンボールのフラップに貼って封かんします。

このとき、カバー裏側にあるサポートローラーがテープを程よく押さえつけたままで回るため、ガタつきや振動が抑制され、スムーズにテープを送り出せます。従来のテープカッターにはない機構ですが、これはとても優秀でした。

カッターは平時はセーフティカバーがかかっているので、親指でボタンを押しつつ引き下げることでセーフティを解除します。

カバーをグッと強めに握るとサポートローラーがテープを押さえつけてロックをかけるので、あとはすこし刃を下に向けてテープ表面に押し付けると、あっけないぐらいサクッとテープが切れるはず。

この切れ味の良さは、カッター刃が長短に分かれているのがポイント

長い刃・短い刃がタイミングを変えて2段階でテープに刺さることで、抵抗を分散させて軽い力で切れるようになるという仕組みです。

最大の難関・切ったあとのテープ端処理も優秀です

テープを出して、切って貼る…というところまでは、ほかにも良くできたカッターが存在します。しかしOPPテープ最大の問題点にしてテープカッターの性能差が最も顕著になるのが、切ったあとのテープ端をどうするかという部分です。

OPPテープは粘着力が高く、かつテープ基材のポリプロピレンが軽いため、テープの切り口がロールに戻って貼り付いてしまうことがよくあるんですが…テープが透明すぎて、切り口がどこにあるのか分からなくなる!

つまり、テープ端をロールに合流させないようにするのが、使う上で重要な要素ということになるんです。

「GRIP CUT」は、テープが送り出し口でシリコンローラーに挟まれているので、まずカッターで切れたあとのテープがそのままロールに貼り付くことがありません

必ずテープがローラーに引っかかった状態で残るので、切り口に気を遣う必要もないのがとてもストレスなく快適でした。

また、シリコンローラーはテープの粘着がつきにくいので、ローラーに引っかかったテープは簡単に指でつまんで引き出すことが可能。複数の荷物をまとめて梱包するときも、次々にテープを引き出せるほうが作業効率は上がるはずです。

梱包作業がおわったあとは、少しだけテープをつまんで引っ張りだし、シリコンローラーに通したままでテープ先だけロールに貼り付けましょう。これが保管時のスタイルとなります。

これなら切り口を探す手間がないだけでなく、粘着部分に埃や油気が付着しにくく、さらに次の使い出しもスムーズ

OPPテープ用のテープカッターは、安ければ100均ショップでも売っているぐらいですが、とはいえほとんどの安物は値段なりの使いづらさだったりします。あと、ダメなカッターは使ってるうちに中でテープがよじれて無駄になってしまうことも。

コスパの良いテープだからカッターもお安く済ませたい…と考えるのも1つの道理ですが、作業効率を考えても、ちょっとお高くても性能の良いカッターを導入するのが正解かもしれません。

電気代高騰で導入したポット。デスクにコーヒーやお茶を常備して集中力も続く【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2406-lht-thermos-pot/

資料にイラストが必要?Xiaomiの最新タブレットなら「秒で」作成できます【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2406-lht-xiaomi-pad-6s-pro-124/

自分好みに調整できる収納「3段式キャリーワゴン」でデスク周辺が見違える【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2405-lht-sanwa-carry-wagon/

https://www.lifehacker.jp/regular/lh_tools/ 今日のライフハックツールをもっと見る

Source: PLUS, Amazon.co.jp