スーパーのレジ袋削減のために「エコバッグ」「マイバッグ」なる代替品を持参するよう推奨され始めてからもう数年が経ちました。最初は味もそっけもなかった単なるナイロン製のペラペラした「買い物袋」しか選択肢がありませんでしたが、今ではおしゃれなマイバッグをたくさん見かけるようになりました。

今回ご紹介するのは、「レザーマルシェバッグ」という本革のバッグ。数あるマイバッグの中でも「本革」で「軽量」かつ「洗える」という非常に高い機能性を持った注目のバッグです。

本革なのに薄くて軽い

Image: ampersand_and

そもそも革製品って、分厚くて重いものだと思っていませんか? 私は今でも思っています。革は重い、と。就職祝いに頂いたレザーバッグは肩が凝るからという理由で、押し入れの奥に眠ったままです。ところが、この「レザーマルシェバッグ」は大容量のお買い物バッグでありながら、重さはわずか257g。

Image: ampersand_and

その秘密は、新技術で極限まで革を薄くすることに成功した点にありました。ご覧ください、従来の半分以下の厚みしかありません。これが例えば、ブリーフケースなら、型崩れを防ぐためにある程度の厚みは必要だったのかもしれません。けれど、マイバッグは、ジャガイモでも玉ねぎでもたくさん入れて運ぶためのもの。必要な強度を担保しながら軽くできるなら、薄くできた方がありがたいですよね。

Image: ampersand_and

本革なのに洗える

さらにこの「レザーマルシェバッグ」のすごいところは、革製品なのに、洗えるところ。一般的には「革は水に弱くて、濡れたところがすぐ染みになる」というイメージがありますが、「レザーマルシェバッグ」のレザーは特殊加工が施されたウォッシャブルレザーなので雨を気にせず使えるんです。

Image: ampersand_and

水に強いどころか、実は洗濯機で丸洗いも可能。これだけ水に強い素材ならレザーなのにレザーじゃないような感覚で普段使いできそうですね。

Image: ampersand_and

シンプルなデザインと抜群の収納力

Image: ampersand_and

さらにこちらのバッグ、ご覧のようにデザインが超シンプル。余計なものが無いので、どんな服にも合わせられます。フランスの有名な Tranoi Femme(トラノイ ファム) という展示会にも厳しい審査を勝ち抜いて選抜されたというのですから、本物です。

Image: ampersand_and

そして、大容量なので、パソコン、A4ノート、マイボトルに、スマートフォンと必要なものはなんでも入ります。仕事にも持っていけるマイバッグなんて、聞いたことがありません。これ1つでどんな場面にでも対応できますから、余計な物を増やしたくないミニマリストにはぴったりですね。

Image: ampersand_and

カラーはカーキとブラックの二色から選べます。いつまでも触っていたくなる感触をぜひお試しください。

ただいまmachi-yaでは、国産牛革を用いた洗える「レザーマルシェバッグ」のクラウドファンディングが実施されています。 一般販売予定価格 22,700円 のところ、限定500人様に約20%OFFの 18,000円(税込み・送料無料) でご支援が可能となっております。詳細は以下のサイトからご確認できますのでご覧くださいね。

【軽量×本革】ミニマリストの洗えるレザーマルシェバッグ

約20%OFF 18,000円(税込み送料無料)〜

machi-yaでチェックする

>>【軽量×本革】ミニマリストの洗えるレザーマルシェバッグ

Image: ampersand_and

Source: machi-ya