設置するだけで手軽においしい水が飲める浄水器やウォーターサーバー。

ですが、初期費用が高いものやランニングコストがかかるものも多いですよね。安価なポットタイプは容量が少ないので一度にたくさんは使えません。

本日はそんな課題に挑戦したロングライフ浄水器「パニエ・ド・フルール」を使ってみた感想をお届けします。

52000リットル浄水できる

Photo: Haruki Matsumoto

改めて「パニエ・ド・フルール」は、小型ながら9年間カートリッジ交換不要のロングライフを実現した据え置き型浄水器です。

Photo: Haruki Matsumoto

不純物の吸着力と持続力に長けた2種類の活性炭を掛け合わせ浄水しているそう。

なお、浄水能力は家庭用品品質表示法の基準となるJIS S3201試験において52000Lとなっており、1日15L(2Lペットボトル7本強)換算すると9年間となるようです。

Photo: Haruki Matsumoto

1日15Lが多いか少ないかは利用方法次第ですが、例えば12Lあるウォーターサーバーのタンク1本を1日で使い切ると考えると十分な量だと思いました。

それこそ、洗顔やお風呂など浄水をセレブ使いしないと難しいですよね(笑)。

Photo: Haruki Matsumoto

本体の高さは500mlペットボトルとほぼ同じ。

サイズも小ぶりで邪魔になりにくく、また鮮やかなカラーでキッチンの差し色になりますね。

取り付けも簡単だった

Photo: Haruki Matsumoto

対応アダプターを確認は少し時間が掛かりましたが、それ以降はパーツを順に取り付けるのみ。

なお対応できない蛇口もあるため、取り付け条件は事前に必ずチェックしてください。

Photo: Haruki Matsumoto

蛇口部が終われば工程の9割は終了。

最後は本体の置き場所を決め、ホースの長さ調節と接続で完了。取り扱い説明書を見ながらでしたが15分ほどで設置できました。

使いやすさの工夫あり

Photo: Haruki Matsumoto

設置後は原水ストレートとシャワー、そして浄水をレバーで簡単に切り替え可能。

原水は設置前の勢いそのままなので洗い物などの快適性は損なわれていません。

Photo: Haruki Matsumoto

吐水管は360度回転しフレキシブルアームで上下も自由自在。

柔軟に調節できるので、高さのある鍋やポットなどでもしっかりと注水できますよ。

Photo: Haruki Matsumoto

浄水の吐水口は水が飛び跳ねにくい加工も。

Photo: Haruki Matsumoto

実際に最大水量で流しても水跳ねは少なかったです。

浄水器のなかには水流が弱いタイプも存在しますが、「パニエ・ド・フルール」は浄水でも勢い十分なのがグッドでした。

ポップなカラー展開

Image: aqua_lead

「パニエ・ド・フルール」のカラー展開は4種類。

清潔感のあるホワイトやシルバーもいいですが、ポップな印象のレッドやイエローは置くだけでキッチンのアクセントになってくれそうですね。

9年間もカートリッジ交換不要でキレイな水を使えるデザイン浄水器「パニエ・ド・フルール」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを開始中。

執筆時点では一般販売予定価格から40%OFFの19,721円(税・送料込み)からオーダー可能でした。

気になった方は下のリンクからチェックしてみてください!

美味しい水をお届けします、約9年カートリッジ交換不要・コンパクトな据置型浄水器

超早割40%OFF 19,721円〜

machi-yaでチェックする

Photo: Haruki Matsumoto

Image: aqua_lead

Source: machi-ya