iPhoneのQRコードスキャンはとても便利です。

カメラアプリを立ち上げて、リアルワールドに存在するQRコードに向けるだけ。あとは勝手にQRを読み込み、タップすべきリンクを表示してくれます。では、iPhoneの画面上にQRコードがあるときはどうすればいいのでしょう。

たとえば、QRコードの写メを送られたときや、ウェブ上にQRコードがあるときの話です。単純にQRをタップしても何も起きません。画面上のQRコードを読むには、クールなトリックが必要になるのです。

フリーのQRコードスキャナーをダウンロードする

iPhoneスクリーン上のQRコードをスキャンするには、サードパーティー製のQRコードスキャナーが必要になります。

App Storeを開くと、そのようなアプリは無数に存在します。中には課金制のものもあり、誤ってプレミアムサブスクリプションに登録してしまうと、なかなかの金額を払わされます。

「QR Code Reader Scanner Pro」「Simple QR Code Reader」の2つは、完全無料でオススメですよ。

写真ライブラリからQRコードの画像を選ぶ

スキャンしたいQRコードがウェブサイトやアプリ内にある場合、スクリーンショットを撮って写真ライブラリに保存する必要があります。誰かから写メで送られたQRコードの場合、「共有」メニューから写真ライブラリに保存しましょう。

次に、インストールしたQRコードスキャナーを立ち上げ、スキャンページから写真ライブラリのアイコンをタップします。

通常は、画面上か下のスキャニングタブに表示されているはずです。

Image:MakeUseOf

続いて、写真ライブラリから読み込む画像を選び、必要に応じてQRコードにズームインします。

Image:MakeUseOf

QRコードスキャナーが、QRコードからリンクを読み取ってくれるので、あとはタップすれば完了です!

Image:MakeUseOf

QRコードを自作する

これで、iPhone画面上に表示されたQRコードのスキャン方法をマスターできました。

次のステップとして、QRコードの自作にチャンレンジしてみてはいかがでしょう。

リンク、連絡先など、さまざまな情報を手軽に送れるようになりますよ。

iPhone 13 Pro/13 Pro Max/13/13 mini便利すぎる! テクニック(iOS 15を使いこなす! ) 1,210 Amazonで見る 1,210 楽天で見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

Source: AppleStore(1,2),MUO

Original Article: How to Scan a QR Code in a Picture or Photo on Your iPhone Screen by MakeUseOf