Apple Watchは、最高のiPhoneアクセサリーの1つです。

私の場合は、通知の受信、テキストメッセージへの応答、タイマーの設定、Siriによるリマインダーの設定、さらには道案内など、あらゆる場面でApple Watchを愛用しています。

iPhoneを別にすれば、おそらくどのデバイスよりもApple Watchとやりとりしていると思います。

ですが、ほとんどの人はApple Watchのつけ方を間違えています。誤解しないでいただきたいのですが、あなたはおそらく、Appleの意図したとおりに、写真やCMで見る着用方法と同じようにつけているはずです。

実際、大多数の人と同じようにApple Watchをつけているのではないでしょうか。ただ、私はもっと良い方法があると思っています。

Apple Watchの隠れた便利機能14選 Apple Watchには指書き入力からトレーニングのトラッキング、Apple Payの使い方まで様々な便利機能があります。 https://www.lifehacker.jp/2021/10/14-hidden-apple-watch-features-you-need-to-know-about.html

Apple Watchの弱点

それがどういうことかを、今から説明していきましょう。

Apple Watchを左腕につける場合、多くの人はDigital Crownを右側に向けています。これは、最悪の位置なのです。

Appleがそこに配置した理由はわかります。機械式腕時計の場合、左手首につけた腕時計のその位置にリューズがあります。それは良いのですが、デジタル時計にとっては必ずしも理想的とは言えません。

たとえば、ポケットに手を入れてDigital Crownを一瞬押しただけで、誤ってSiriを呼び出してしまうようなことは誰も望んでいません。また、手の甲がDigital Crownに軽く触れたせいで、聴いていたポッドキャストが急に大音量で流れてしまうのも、かなり不便です。

また、うっかり触れてしまうことだけが問題ではありません。Digital Crownがディスプレイの右上にあるせいで、操作しづらくなっているのです。

その位置は、音量などのボタンの押下や調整、またはインターフェースのスクロールなどには適していません。人差し指はそうした操作ではなく、ディスプレイを押すためにあるのですから。

Apple Watchを上下逆さまにつければいい

一方で、親指はDigital Crownの操作にもってこいです。しかも、Apple Watchを上下逆さにつければ、Digital Crownは親指で簡単にアクセスできるちょうど良い位置に来ます。

そのため、人差し指を行ったり来たりさせることなく、ディスプレイを操作できるようになります。

Apple Watchを頻繁に操作するなら、このシンプルなハックは大きな違いをもたらすでしょう。使い勝手が格段に良くなります。たとえば、Apple Watch Series 7のスワイプキーボードでテキストを入力している場合、Digital Crownを使ってカーソルを文中で動かすことができます。

親指での操作は、人間工学的にも優れた方法であり、人差し指を往復させるよりもはるかに確実です。

総合的に見ると、Apple Watchのこのようなつけ方は、ディスプレイがさらに大きくなったSeries 7で特に有効です。41mmの小型バージョンでも、体験が向上する可能性は高いでしょう。

設定で画面を上下逆さまにできる

ありがたいことに、Appleはこの問題の解決方法を用意してくれています。Digital Crownを左側にしてApple Watchを装着してみてください。

どちらの手首に装着しているかを示す設定の右隣に、ディスプレイを反転させるためのスイッチが用意されています。

反転させ、文字通りApple Watchを上下逆さにつけると、画面は正しく表示されます。

このハックを使えば、あなたの人生が変わるはずです――少なくとも、Apple Watchとの付き合い方が変わることは保証します。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド 22,339 Amazonで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

Originally published by Inc. [原文]

Copyright © 2021 Mansueto Ventures LLC.