朝ドラ『スカーレット』第46回(11月21日)・丸熊陶業に新たな風吹く

朝ドラ『スカーレット』第46回(11月21日)・丸熊陶業に新たな風吹く

女性陶芸家として奮闘するヒロインの半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第46回(11月21日放送)では、喜美子が新たな若手社員と出会う。

事業拡大を図る陶芸会社「丸熊陶業」に、3人の若手社員が入社。若社長・敏春(本田大輔)に連れられた新人たちが、喜美子(戸田恵梨香)の働く絵付係にも挨拶回りに訪れる。

すると、絵付け師・深野(イッセー尾形)と対面した若手社員のひとり・十代田八郎(松下洸平)が固まってしまい・・・。

21歳に成長したヒロイン・喜美子が、信楽で火鉢の絵付け師を目指していく第8週。放送は、2020年3月28日までの全150回。


関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る