現在放送中の連続テレビ小説『おちょやん』から派生したスピンオフプロジェクト『おちょやん、道頓堀いるってよ』写真展が、2月26日から公式サイトでオンライン開催される。

このプロジェクトは、杉咲花演じるヒロイン・千代が、 物語の舞台である大正の道頓堀から令和の道頓堀界隈へタイムスリップし、つかの間の「おいとま」を過ごす様子をフィルムにおさめ、その作品を通じて大阪・ミナミの古き良き文化と 魅力を全国に発信していくというもの。

撮影には『おちょやん』のメインビジュアル撮影も担当し、国内外で幅広く活躍中のフォトグラファー・濱田英明氏を起用。カラフルな看板がひしめく戎橋、レトロな路地の多い法善寺横丁、たこ焼き店などで撮影された写真約30点と、千代が道頓堀の街並みを歩く1分動画が公開され、お茶子・千代の「時を超えた道頓堀ぶらり旅」が楽しめる。

公開は2月26日・朝8時15分(予定)で、公式サイトのほか、『おちょやん』公式ツイッターでも「#おちょやん道頓堀いるってよ」のハッシュタグを使って投稿されるという。