お母ちゃんの松本人志、お父ちゃんの蛍原徹らが関⻄の街をゆるく楽しむバラエティ番組『松本家の休日』(ABCテレビ)。2月27日放送回では、先週に引き続きM-1ファイナリスト3組が集結、松本家の全貯金・約10万円をかけて『松-1グランプリ2021』を開催する。

「エピソードトーク」と「得意技」が審査対象になる本大会。M-1準優勝のおいでやすこがの「笑神(えみ)ソード籤」による「エピソードトーク」では、こがけんがかつて体験した不思議なエピソードを語る。一方、「悪魔がうちに通っていた」という謎トークでやや空回りした相方の小田は、続く「得意技」で「大声で言うほどではない日常のセリフ」を披露し、挽回を狙う。

また、松本家を巻き込み山手線ゲーム方式でも遊び始めるが、まさかの松本家が追い込まれる事態に・・・。この模様は2月27日・深夜0時5分より放送される。