今年デビュー25周年を迎えるボーカルデュオ・PUFFYが、デビュー記念日である5月13日に5時間にわたる映像企画を1日限定で無料配信する。

1996年に奥田民生プロデュースのもとシングル『アジアの純真』でデビューしたPUFFY。大貫亜美と吉村由美のキュートな風貌とは裏腹(!?)の、親しみやすい楽曲をのびのびと歌い上げる脱力したキャラクターや、Tシャツにジーパンといった等身大のスタイルで絶大な支持を集め、続く『これが私の生きる道』『サーキットの娘』『渚にまつわるエトセトラ』で、シングル4連続ミリオンセラーという偉業を成し遂げた。

奥田民生のほかにも、スピッツ・草野マサムネ、THE YELLOW MONKEY・吉井和哉、東京スカパラダイスオーケストラ、スチャダラパー、ROLLY、氣志團、グループ魂など、多彩なミュージシャンからの楽曲提供やコラボをおこなってきたPUFFY。台湾やアメリカなど海外での人気も高い2人だが、多ジャンルの楽曲を誰もが口ずさめる「うた」へと昇華してしまうセンスと歌唱力は、まさに時代も国境も超えてゆくグローバルな王道の魅力がある。

結婚や出産を経つつも、マイペースでコンスタントな活動を続けており、今年4月21日にはCD5枚にMVや懐かしのテレビスポット映像、過去の特選ライブ映像など25年を詰め込んだボックスセットをリリース。5月には東京と兵庫で25周年のアニバーサリーライブを開催予定だったが、コロナ禍の影響で延期になったため、急きょ今回の配信企画が実現した。

内容としては、PUFFYからファンへのプレゼントとして、「エピックレコード」と「キューンレコード」からVHS・DVDでリリースされた現在入手困難なライブ映像6作品をメインに5時間にわたって配信。動画メッセージも届けられるほか、奥田民生が影アナコメントや配信タイトルの直筆題字で参加するなど、この日限りのスペシャルなコンテンツとなっている。

『#PUFFY25 〜悪いわね ありがとね これからも よろしくね〜 祝デビュー25周年記念! PUFFY史上最長! 5時間ライブ映像配信!』は、5月13日・夕方4時からスタート(生配信のみ)。

文/井口啓子