宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)。第29回(6月24日放送)では、百音が父の旧友・田中の力になりたいと奔走する。

肺がんの病状が悪化した田中(塚本晋也)から、ダイニングテーブル制作の依頼をキャンセルされたヒロイン・百音(清原果耶)。しかし百音は、田中にもう一度テーブルとイスを作らせてもらえないかと頼む。

そして田中から別れた家族のことを聞き、どうにか力になれないかと悩む百音。田中の担当医である診療所の菅波(坂口健太郎)に相談するが、はねつけられてしまう。

しかし、百音に自分自身へのいらだちをぶつけてしまったことを後悔した菅波は、田中にある提案をする。百音と菅波、それぞれの思いを受け止めた田中は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。