宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第92回(9月21日放送)では、百音が気仙沼の実家へ駆けつける。

竜巻の突風を受けて、実家のカキ棚が被害を受けたことを知ったヒロイン・百音(清原果耶)。慌てて家族に電話するも繋がらず、百音は焦る。

しかし恋人の菅波(坂口健太郎)から励ましを受けた百音は、自分にできることをしようと気仙沼の実家へと向かう決意をする。

百音が東京から実家に駆けつけると、幼なじみの亮(永瀬廉)や三生(前田航基)たちを含む大勢の人々がカキ棚の修復作業を手伝っていた。その様子を目にした百音は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。