女優・天海祐希主演の映画『老後の資金がありません!』の舞台挨拶付き上映会が10月23日に「阪急うめだホール」(大阪市北区)で開催。主演の後藤篤子役を務める天海祐希が登壇し、撮影について語った。

老後のためにコツコツと節約していた主婦が、お金にまつわるさまざまなトラブルに立ち向かう姿を描く同作。天海といえば、敏腕な刑事や頼りがいのある上司といったイメージが強いが、今回演じるのは「ごく普通の主婦」だ。

周囲の人たちに振り回される、いつもとは違った役どころに対し「最初は『これ、私でいいんでしょうか』と、感じました。『普通の主婦』というには背が高すぎるじゃないですか。ガンガンなぎ倒していきそうっていうか、巻き込まれる役には向いてないんじゃないかなって」と不安を吐露した。

ただ、プロデューサーからキャスティングの理由について「天海さんの困った顔が見たいんです」と説明されたそうで、草笛光子や松重豊、三谷幸喜をはじめとする「濃すぎる」キャスト陣のおかげで、「困った顔のバリエーションには困りませんでした」と語り、会場を沸かせた。

垣谷美雨による同名小説が原作の映画『老後の資金がありません!』は、無職になってしまう夫を松重豊、浪費家の姑を草笛光子、フリーターの娘を新川優愛が演じる。10月30日より全国映画館で公開。

取材・文・写真/つちだ四郎