「姉さん女房」とは言うけども・・・。10月2日放送の長寿バラエティー番組『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ)には、妻を「お母さん」と呼ぶ、まるで親子な年の差夫婦が登場する。

スタジオには、ともに高校の教師という静岡の夫婦が登場。出会いは19年前、妻の勤務先に夫が赴任したことがキッカケ。彼の子どもっぽい見た目に反してテキパキ働く仕事姿に、妻は「ギャップ萌え」し、8歳年下の彼を振り向かせるため、飲み会で「私、ダンスやってるの。あなたのために踊るから、今度見に来てくれない?」と情熱的にお誘いをかけたという。  

地元の一大イベント『清水みなと祭り』で彼女がダンスを見た彼は、一斉に踊る5000人の群衆のなかからピンスポットが当たっているかのように輝いていた妻を発見するや恋に落ち、バツ1だった彼女の当時小6の息子と3人で新たな暮らしをスタートする。

息子が成人するまでは・・・と結婚に踏み切れないまま、以降15年間交際生活が続いたが、ついに転機が訪れて結婚。現在、妻を「お母さん」と呼ぶ夫は中身も子どもっぽく、スーパーに行けばおもちゃ付きのお菓子を「お母さんこれ買って!」とおねだりするそうだ。

片やそんな夫に母性をくすぐられている妻も、仕事から帰ると彼を抱き上げ「高い高い!」するといい、スタジオではその模様を実際に披露。そんな妻が1番手を焼いているのが夫の「超偏食癖」で、食べられるものはこの世に3種類しかないと吐露する。この模様は10月2日・昼12時55分より放送される。