お笑いコンビ・中川家がMCを務める特番『大阪43市町村を大調査!誰も知らんキング』(テレビ大阪)。12月1日におこなわれた第4弾の収録後、MCの2人とゲストの内藤剛志、鈴木紗理奈が会見に登場した。

今まで誰も調べたことのない角度から大阪府の43市町村をリサーチし、番組オリジナルのランキングを作成するというコンセプトの同番組。2021年12月に第1弾が放送され、「興味深い」「おもろいんよな」など大阪府民以外からも話題を呼んだ。

第4弾となる今回は、再注目を集める大阪の団地にフォーカスした「ええやん昭和レトロ!マンモス団地ランキング」や、大阪が誇る3つの商店街で最も高額な商品を探す「商店街対抗!高いもん売ってまっせランキング」など、前回に引き続いて個性的なランキングが登場する。

豊中市出身の鈴木は、「第3弾を実家で見てたんですけど、家族で『吹田ってそうやんな』『南の方はこうなんや』ってバトりながら見るのが面白かったです。自分が生まれた地域をレペゼン(「代表する」を意味するヒップホップ用語)してディベートするのは、昔からある文化ですよね。どこに焦点を当てても番組は続いていくと思うので、素晴らしいコンテンツだなって」と、番組の魅力を熱弁。

府内の「ライバル市町村」が競い合うコーナーでは「泉佐野VS泉南」が紹介されるが、今回はなんと両市の市長までバトルに参戦するということで、鈴木と内藤が「もう公認じゃないですか、この番組! 大阪の全市長出てくれへんかな。視聴者さんに『推し市長』を見つけてもらって・・・」と盛り上がる一幕も。

MCの中川家・礼二は、「この番組も第4弾ということで、まさかテレビ大阪がここまで本気とは知りませんでした。今回もまた内容が濃く・・・。団地や路線バスなど、いろんな珍しい話が出てくるのでぜひ楽しんでほしいです」と、見どころを語った。

『大阪43市町村を大調査!誰も知らんキング第 4 弾』は、12月17日・夜6時58分から放送される。

取材・文/つちだ四郎