世界的アニメーション作家・湯浅政明監督による長編アニメーション『犬王』が、関西を含む全国76映画館で11月17日から再上映されることが決まり、歓喜の声が寄せられている。

この再上映は、映画情報アプリ『Filmarks(フィルマークス)』が主催するリバイバル上映プロジェクトの一環。『犬王』をはじめ、『夜明け告げるルーのうた』『映像研には手を出すな!』などを手がけたアニメーション制作会社「サイエンスSARU」の創立10周年を記念して企画された。

2022年に公開された『犬王』は、世阿弥にも影響を与えた能楽師・犬王と、平家の呪いで盲目となった琵琶法師の少年・友魚との友情を描いたミュージカル・アニメーションで、『第46回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞』を受賞。犬王を演じたのは、ロックバンド・女王蜂のボーカルのアヴちゃん、その相棒・友魚を森山未來が好演するなど話題となった。

今回の発表にSNSでは、「犬王を劇場で見届けたことない人は行ってくれ!!!」「お近くの映画館でやるって方々は「犬王」観て!! 映画じゃなくてあれはフェスなので。めっちゃ楽しいよ! 犬王の歌も幼少期から大人まで全部を女王蜂のアブちゃんがやってて、演技力から全部すげぇから観て!!」とコメントが相次ぎ、未鑑賞のフォロワーにおすすめする声があふれた。

■ 関西エリアは12映画館で上映

チケットは一律1600円。関西エリアは、「なんばパークスシネマ」「MOVIX堺」「ユナイテッド・シネマ岸和田」「ユナイテッド・シネマ枚方」「イオンシネマ シアタス心斎橋」「塚口サンサン劇場」「kino cinema神戸国際」「OSシネマズ 神戸ハーバーランド」「MOVIX京都」「イオンシネマ京都桂川」「イオンシネマ近江八幡」「ユナイテッド・シネマ橿原」の12館(上映期間や時間は劇場によって異なる)。

また、湯浅監督のNetflixアニメ『DEVILMAN crybaby』シリーズ(約4時間、全10話、R15指定)も11月24日より一気見上映が決定。公開劇場は全国14映画館で、関西エリアは「kino cinema神戸国際」「なんばパークスシネマ」「MOVIX京都」の3館。チケットは一律2500円。