大阪府は5月9日、新型コロナウイルスの陽性者を新たに874人確認したと発表した(速報値875人から訂正)。1日あたりの重症者は23人で、現在入院中の重症者は403人となった。

また、この日の検査数1万7280件に対し陽性率は5.1%。前週5月2日の検査数が1万5809件に対し陽性率は6.7%で、検査数に対して新規陽性者が抑えられている。大阪府は緊急事態宣言期間が延長され、大型施設や飲食店への休業要請など今の措置が継続されるなか、今後更に減少に転じるかが注目される。

しかし依然、重症病床使用率は95.9%と医療提供体制は極限状態にひっ迫しており、吉村知事はツイッターなどで引き続き、不要不急の外出自粛を府民に呼びかけている。