大阪市は5月13日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する情報を発表。17日に予約をスタートし、85歳以上の高齢者から順に24日より接種が開始されるという。

ワクチンは個別接種か集団接種のどちらかで接種でき、大阪市における個別接種取り扱い医療機関は14日に市の公式サイトで公開。一方の集団接種を希望する場合は、ネットかコールセンターで予約でき、いずれも17日から予約受付が開始される。

市ではすでに、65歳以上を対象に接種券を送付。予約が可能となった85歳以上の高齢者から「お知らせはがき」が順次送付されている。

13日の定例会見で松井一郎市長は、「コールセンターを増設しているが、市の85歳以上は11万人おり、予約が集中すると電話がつながりにくくなる。家族がサポートできる場合は、ネットを利用いただきたい」と呼びかけた。

さらに、「ワクチン接種は無料なので、便乗した不審な電話や詐欺には十分注意を」と市民に訴えかけた。

取材・文・写真/岡田由佳子