兵庫県は6月18日、新型コロナウイルスの新規陽性者を37人と発表した(累計陽性者数は4万683人)。

新規陽性者は前週比マイナス9人で、6月の金曜日としては1番少ない人数となった。エリア別にみると、神戸市が13人、西宮市4人、姫路市3人、尼崎市3人、明石市3人。重症病床使用率は25.7%(6月17日時点)で前週の45.5%から大幅に改善。

またこの日県はツイッターにて、「緊急事態宣言は6月20日で解除され、まん延防止等重点措置区域(7月11日まで)に移行されます。これまでの皆様のご協力に感謝するとともに、今後も変異株の脅威など予断を許さない状況であるため、引き続き、感染対策の取組をお願いします」と感染防止対策の徹底を呼びかけている。