アニメ『響け! ユーフォニアム』(制作:京都アニメーション)が、「京都タワーホテル」(京都市下京区)とコラボ。8月1日より、コンセプトルームが登場する。

地元・宇治市を舞台に、「北宇治高校吹奏楽部」の活動を描いた同作。制作を担う「京都アニメーション」は、本社を置く近畿地方を聖地(舞台モデル)によく使うことで知られており、これまでにも滋賀県豊郷町(『けいおん!』)や、兵庫県西宮市(『涼宮ハルヒの憂鬱』)などの風景を精密な描写で描いてきた。

同作でも、「京阪電車」の車両や、その沿線「六地蔵駅」などが登場しており、YouTubeには聖地巡礼をおこなうファンによる動画も。今回の限定ルームには、作中で登場した「コンクールトロフィー」の設置や思い出のシーンの展示もあり、ファン歓喜のコラボとなりそうだ。期間は2022年7月31日まで、価格は2名1室1万2000円〜など。