「JR大阪駅」(大阪市北区)前広場のスクリーンに9月28日、巨大なヒョウが出現。飛び出してきそうな迫力ある3D映像となっており、通行人は驚きながら撮影していた。

「JR西日本コミュニケーションズ」(本社:大阪府大阪市)が、大阪のデジタル制作会社「トンガルマン」と共同で企画した今回の映像。大阪駅で唯一音を流すことができる大型スクリーンで3D映像を流し、その効果を検証することが目的だという。

大阪駅中央コンコース北側の「暁の広場」から、歩く人々を観察しているという体長3メートルほどのヒョウ「アカツキ」。ウロウロと歩き回りながらエスカレーターに乗る人々を覗いたり、ジャンプ台で大きなあくびをしたりと、ゆったりと気ままに過ごすさまを見ることができる。

ほかの広告映像の間で繰り返し出現するため、通行人は「えっ、ヒョウ!?」「すごい」と驚きつつ立ち止まり、動画を撮影するためにスマートフォンを持って待ち構える姿が見られた。放映は毎日朝6時から深夜0時まで。