コーヒーチェーン「スターバックス コーヒー」(本社:東京都品川区)は4月16日、一部のアイスドリンクをストロー不要のカップで提供すると発表。店舗で発生する使い捨てプラスチック削減を狙っての実施となる。

2020年1月に紙製ストローを全店に導入するなど、プラスチック資源削減へ積極的に取り組んできた同社。2月には、ストローを使わずに飲み口から直接飲用するタイプの蓋「ストローレススリッド」と紙カップの導入を、ホットドリンク・アイスコーヒー・アイスティーに導入していた。

今回の発表では、「ストローレススリッド」と紙コップでの提供が、全23品目に拡大されることが明らかに。「スターバックスラテ」や「キャラメルマキアート」など、エスプレッソを使用したアイスドリンクなどが対象となっており、「アイスチャイティーラテ」、「アイスココア」なども同様に。

対象品目は定番アイスドリンクの約7割を占めることとなり、年間6700万本分のプラスチックストローの削減が見込めるという。