世界的にも有名な日本発のジュエリーブランド「TASAKI(タサキ)」と、高級ホテル「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)がコラボ。7月1日からアフタヌーンティーを期間限定でスタートする。

今回の企画は1954年創業「タサキ」のショップが、ホテルと同じビル「本町ガーデンシティ」内にあることから約1年かけて実現。2010年に誕生してからブランドを代表する「balance」シリーズをスイーツで再現している。

真珠が一直線上に並ぶさまをミルクシャーベットや、マカロンのトッピングで楽しめるほか、注目は指輪型のチョコレート。思わず手にはめたくなるような精巧な仕上がりとなっており、「TASAKIとホテルのブランドの伝統とクラフツマンシップを感じていただければ。細部まで美にこだわっております」と担当者。

ウェルカムドリンクからスタートし、スイーツは6種とスコーン2種、軽食はオマールエビのタルト、スモークサーモンと黄色ズッキーニのタルトなど4種がセットで7000円。内容は一部異なるテイクアウト用8500円(2名分)もあり。場所は「セントレジスバー」で期間は9月30日まで。